アラン・パーカー監督の「ザ・コミットメンツ」を観ました。

あなたの「空(くう/コンシャスネス)」を広げる案内人&草の根ブロガー、あつこです。

 

先の記事で触れた

「ONCE ダブリンの街角で」において

グレン・ハンサードが主演する15年前(21歳当時)

 

まだ音楽で食べていけていない

無名の人だったらしいのですが

 

その頃、ギタリストの役で

出演した映画が「ザ・コミットメンツ」ということで、観ることにしました。

(ほかの出演者も、みな無名のミュージシャンです)

 

私は、グレン・ハンサードの顔(目がキョロキョロ、おちょぼ口)が好きではありません。

なお「はじまりのうた」のアダム・レヴィーンの顔も好きではないです。

 

アイルランドの首都

ダブリンを舞台に

労働者階級の若者たちが結成するソウル・バンドの話。

 

当時のアイルランド人が

社会的な意味で

「欧州の黒人」

であったことから

映画の主人公たちが行き着いたのがソウル・バンド。

 

私自身も、18歳から25歳までバンド活動をしていました。

 

なので

この映画に描かれている

若者のエゴとエゴのぶつかり合い

メンバー同士のいがみ合いの世界がよく分かります。

(みんな自己中なんだよね。上手い人は何であれリスペクトされるし、下手だと、他がどれだけ優れていようと疎んじられる。それぞれが、自分の方向性や感性が正しいと信じている・笑)

 

バンドって

“究極のエゴ“ が入口になっていて

あるポイントを経過することで

“エゴを離れたゾーン“ に入るもののように感じています。

(バンドだけではないでしょうけど)

 

スタート地点は

ただのゴロつきとエゴイストと社会不適応人の集合体。

 

がむしゃらにやり続ける時期を経て

回り回って内側で

何かが成就されていくにしたがい

チャリティや

社会的活動に積極的な

オピニオンリーダーになっていく

という流れは、洋の東西を問わず

よく見かけるパターン。

(マズローの欲求5段階説でいうと、「承認欲求」が満たされて「自己実現の欲求」の段階に至る、と表現できる)

 

映画「ザ・コミットメンツ」でも

バンドが徐々に

評価されてきたにも関わらず

バックステージでは喧嘩ばかり。

挙句の果てにバンドは崩壊。

 

この12人中11人までが

若者からなるバンドには

ソウルミュージックの大物と共演歴のある

唯一のおっさんであるところのトランぺッターがいました。

 

メンバー同士の

大ゲンカに終わったライブからの帰り道、

おっさんトランぺッターと

失意のマネージャーの

会話が素晴らしい。

 

おっさんトランぺッターを褒め称えるのは

実は自画自賛であり

先のふたつの記事

表面的にしていることと、本質が体験していることは一致しない

内側で成就されているものに気づこう

を通して

私が書いたつもりの内容に近いことを

おっさんトランぺッターが言っていた、という驚き。

 

「アンタは私か\(◎o◎)/!」

 

失意のマネージャー:俺に嘘を付いたな!お前が言う通りに、すべてやってきたのに上手くいかなかった。

おっさんトランぺッター:お前は何かを成し遂げたはずだぞ。

失意のマネージャー:何も成し遂げていない。

おっさんトランぺッター:分からないか。バンドの成功など何だ?お前はみんなの新たな地平を開いた。そりゃ、有名にもなれただろう。だが、くだらんよ。このほうが詩的だ。

失意のマネージャー:そんなの価値がない。

 

おっさんトランぺッターは

コーラス隊の3人の女の子

すべてに手をつけたスケベ親父。

 

そうは言っても

プロの世界でのキャリアも長く、年の功とでも言うんでしょうか。

 

物事の表面(事実)だけを

見ていたのでは見過ごしてしまう

「メンバーそれぞれに、バンドを通じて開いた/開かれた扉があること(真実)」

を示唆し、失意のマネージャーに「自分を責めるな」と進言します。

 

失意のマネージャーは

目に見えて生み出される「価値」

しかも「その時点における価値(時価)」にしか目が行っていません。

(集客数、レーベルからの引き合い数、有名なメディアからの取材数、ギャラや売上の高さなど)

そして、おっさんトランぺッターの言っていることの深さを知るには、まだまだ若いのです。

 

現実には

労苦はなかなか報われないし

物事の表面的な部分が上手く行っていないと

マネージャーとしての

手腕や存在意義が問われるしで

彼にも失意するだけの理由があります。

 

そういう視点から見ると

おっさんトランぺッターの言葉は

不真面目で無責任な慰めにしか聞こえないのかもしれません。

 

ちなみに

グレン・ハンサードですが

若かった頃は

ガリガリに痩せて華奢で

女性的な風貌の人だった、ということが判明しました。

(若かりし頃のQUEENのロジャー・テイラーが劣化して、貧乏痩せした感じ)

 

15歳ほど

年を取っておっさんになると

見た目がごつくなって

風格が出るのだなあ、と感心しました。

(「ONCE ダブリンの街角で」のときは、女性的というよりは、むしろ男臭い)

 

現在は、アイルランドで

U2の次くらいに

人気のあるバンドを率いているとのことで

目に見えない部分での成就のみならず

社会的にも成功されたのは佳きことです。

 

長くなるので書きませんが

高校時代に1カ月イギリスで

(アイルランドではない)

ホームステイをしたときの思い出なども被り

 

「ザ・コミットメンツ」

いろんな意味で

心がほっこりするところの多い映画でした。

 

オススメ関連記事: