映画シリーズです。あらすじはコチラ

 

30年の懲役刑であったのを、弁護士の力で、5年で出所できた元麻薬王カリート(アル・パチーノ)。

出所後は麻薬取引や人殺しから足を洗い、かつて悲しませた恋人と、ヨリを戻すことを目論んでいます。

知人からレンタカービジネスを買い取り、バハマで暮らそうと考えますが、ビジネスを継承するためには、先立つお金が必要です。

 

やむを得ず、昔のビジネスに近いところで(でも昔のビジネスではないことをして)、お金を稼ぎ、数カ月後にはバハマに飛ぶことを計画します。

カリートは、麻薬にも殺人にも、既に関わりたくありません。

これを機会に生まれ変わりたいのです。

 

しかし旧知の人たちの多くは、その筋の人。

無意識的なものであれ、彼を元のポジションに引き戻そうとします。

カリートは、研ぎ澄まされた、闇の世界を生き抜いてきた勘が発動して行動をするたび、「オレは昔のオレと同じことをしている」と自覚し、以前のような選択をしない心がけをもとうと努力します。

 

5年で出所できたことの「借りを返す」ために、カリートは意に反して、マフィアのボスの脱獄を手伝うことになってしまいます(そのプロセスで、ボスと、その息子が殺される。これは想定外の出来事)。

「なってしまいます」とは書いていますが、その状況に自分をもっていったのは彼自身の力、彼のひとつひとつの選択による結果。

気の毒とも言えますが、一方では、まるで気の毒ではなく、自由意思・自己責任の世界を表現しているに過ぎません。

 

カリートが、検察の提案する司法取引に応じれば、もっと違う展開になったのかもしれません。

でも、「借りを返すのが、オレという人間だ」と恋人に言い放ち、残った仕事を片付けたら、列車の駅で待ち合わせ、一緒にバハマに飛ぶことを約束させます。

 

既におわかりと思います。

かつてとは別の人生を望むのであれば、その当時の「これが、オレという人間だ」に基づいた選択をしていてはアカンのです。

 

しかし、周囲の人間が、恋人を除き、どこかしら黒い人たち。

かつての仲間との信義を大切にするカリートにとっては、彼らの求めに応じざるを得ない場面が出てきます。

そのなかで危機に陥ると、その道で鍛えられた、戦いや逃走や駆け引きのスキルを自動的に使ってしまいます(引退したいと考えているが、本気を出せば強いのである)。

決断をしなければならない場面では、「これが、オレという人間」というこだわりを、最終的には捨てられない。

 

結果として、カリートは、恋人が待つ列車の前で、新興のマフィア(?)に殺されます。

生まれ変わったように、新しい人生を送ることを望み、彼なりに努力をしました。でも、及びませんでした。

 

恋人との関係性などを見ていても、性根から悪い人間には感じられないカリート。

でも、それが小さな選択であっても、昔と同じパターンを、知らず知らずのうちに積み上げていたら、最後に待つのは「追われての死」であり、新たな人生ではない。

 

気の毒な話とは思うけれど、「こうなるのも仕方ないよね(もっと言えば当たり前)」というのが感想です。

決心が大きくても、日々の選択は小さいことの積み重ね。

人生を変えたいと思うのならば、細かな選択ほど、「それまでの自分の価値観を基準としていないかどうか」を、自分に問うほうがよいと思います。

オススメ関連記事: