2泊3日の東京出張、たのしゅうございました。

美味しいものも、いろいろと食べることができたし(*^^)v

あなたの「空(くう/コンシャスネス)」を広げる案内人&草の根ブロガー、あつこです。

 

「プチたまブロ」は

どちらかというと私の覚書、つぶやきみたいなもの。

 

通常のブログ記事とは

位置づけが一応違うのですが

出張中に書いたもの

もうちょっと分かりやすく補足したほうがいいのかなあ、ということで、この記事。



人生において

困難や不条理、疑問を感じるから

生きづらさを感じるから

 

自己啓発やら

スピリチュアルやらの世界に興味をもち

足を踏み入れる人が多いと思います。

 

私もそうでした。

 

自己啓発やスピリチュアル業界の

ツール、手法に

まったく効果がないかというと

そうではない。

 

人生や起きること

自分に対する見方などが変化し

 

それに伴い

自分の行動が変わり

周囲の反応も変わり

起きてくることの傾向も変わり

 

摩擦だらけだった人生が

スムースに流れるようになっていき

 

「この願望を叶えてやるぞ~」

と執着して意気込まなくても

既に満たされた気分でいられるような

状況が整っていく。

 

そして人生が

“ラク” と “喜び” と “思い通り”と “自己拡大感”

に溢れたあたりで

大抵の人は

「私は気づきと学びを重ね、成長し、前進し、進化し、進歩した」

と思い込む。

 

それ(「私は進化/進歩した」)は勘違いですね、というのが

プチたまブロ(4)マインドセットの限界

の趣旨なのです。

 

そして

その勘違いに気づくのは

大変難しいことです。

 

それらの「業界」で仕事をしている

ティーチャークラスでさえも

気づいている人が少ないし

私も長らく

そこに気づくことがありませんでした。

 

自分が生きる世界

自分が選択している世界が

幸せなものとなり

満たされていくと

 

不幸せと感じていた時代

物心ともに不十分すぎた過去よりも

「自分が進化/進歩した」

 

あるいは

「前提としてもっていた世界観が間違っていた」

「自分の選択によって人生は変わるのだ」

「自分が変われば世界も変わるのだ」

 

といったふうに

捉えることが多いのではないかと思います。

 

(プロセスとしては、「世界観/価値観/思い込みなどのマインドセット」を変えるに伴い、ブロックを解放したり、インナーチャイルドを癒したり、観念/信念の書き換えをしたりする)

 

つまり

「満たされた今(の自分)」を

「不十分だった過去(の自分)」の上にあるか

「一歩進んだ先」にある

というふうに見なすのです。

 

いえいえ、

そうではなくて

自分にとっての

よい世界も悪い世界も

そこに生きる、それぞれの自分も

横並びの関係にあるのです。

 

どちらに生きている、ということが

その人の進歩や優劣を示すものではない。

 

居酒屋で

1品300円の「おつまみ」リストから

私は「枝豆」

あなたは「冷奴」

を選ぶのに似ています。

 

「枝豆」が「冷奴」より優れているわけでも

二歩三歩先を行った進化した「おつまみ」である、

ということでもありません。

 

古いマインドセット(世界観/価値観/思い込みなど)から

修正を入れた新しいマインドセットへと

置き換え続けることは

 

あくまでも

横方向に展開している

設定/前提/ストーリー/世界観/価値観などのバリエーションから

そのとき何を選ぶか、組み合わせるか

ということであって

 

「存在としての進歩/進化」という

縦または前への移動とは

本質的に異なります。

 

もちろん

どのマインドセットを選ぶかによって

その一見オープンなようで

実は閉じている世界における

学び・成長・気づきにも多様性が生まれることはあるでしょう。

 

そういった横移動の人生に

自分としての幸せを感じられるのであれば

大多数の人が

「そこで終わり」で十分なのかもしれません。

私に自己啓発やスピリチュアルな「業界(=ショップやビジネス)」を否定するつもりがないのは、それが理由です。

 

大抵の人の選択や行為の動機の根底にあるのは

「もっと幸せになりたい」

「変わらぬ幸せを確保したい」

というものなので

 

「満たされた今(の自分)」

を手に入れたと感じた時点をもって

「人生の目標達成完了」とするのも

アリだと思います。

 

ただし

制約のあるマインドの働き/枠組みのなかで

偏った見方しかできない認知能力をもって

生きているに過ぎないことの自覚なきままに

 

横並びのマインドセットのラインアップから

何を選択して

どんな人生を送っていたとしても

カゴのなかで

回る輪の中を走り続けているハムスターと変わりがありません。

 

回転する輪とカゴに気づき

そこから出ることに意識が向かった辺りからが

ホンモノの「変容」であり

「自己啓発やスピリチュアルの業界」が対応困難な

「スピリチュアリティの世界」へと足を踏み入れたことになる、のではないかと思います。

 

オススメ関連記事: