イランでは多種多様のモスクを見ました。現在のシーラーズで一番人気のローズモスク。


ペルシャ絨毯の図柄にステンドグラスの色や形が投影され、一段と複雑な模様と美しさを作り出しています。

こちらはイスファーハンの金曜モスク。元々はゾロアスター教会でしたが、その後イスラム教寺院となり、時代を経て拡張/増築されていきました。

増築されていった建造物の趣が少しずつ異なり、深遠さを感じさせるモスクです。

 

ところで私の最近のお気に入りドラマは、貴族と彼らに仕える使用人たちの人間模様を描く「ダウントン・アビー」(NETFLIXで見ていますが、先日出張で泊まった大阪のホテルで、NHK総合でも放映していることを知りました。次はシーズン2のようですよ)。

そこにお屋敷に住み込みで働く、トーマスとウイリアムという、ふたりの下僕が出てきます。

トーマスは当時タブー視された同性愛者。自分の利益になるのであれば、ほかの人達を陥れるような悪巧みや小細工をすることも躊躇しない。その一方でピュアで傷つきやすいところ、愛情に飢える者特有の弱さがあります。

ウイリアムは、生まれて以来ずっと、愛情たっぷりの家庭で成長した青年。ひねくれたところが一切なく、家族や職場の人達を裏表なく思いやり、それをストレートに表現できる温かい人。お屋敷でも雇い主や上司・同僚から、とても愛されています。

トーマスは『複雑な人』。ウイリアムは『シンプルな人』。

昔の私は、トーマスタイプの異性に心惹かれたものです。なぜならば『複雑さ』を『深遠さ』と受け止めていたからです。ミステリアスな人に見えます。

ウイリアムタイプは、お日様の下で、水や肥料をたっぷり与えられてスクスク育ち、そのままで周囲の注目や好意を集める存在。若かりし頃の私には、その手の異性が、底の浅いタライに張られた水のように感じられ、『馬鹿』や『でくのぼう』にも見え、まったく魅力的ではありませんでした。

現在は観察や分析の対象として興味をそそられるのはトーマス、パートナーや友人ならウイリアムです。

『複雑な人』は、ちょっと見では『深遠な人』であるかのように見えます。傷や痛みを負って生きてきたので、そういう人だけが辿りつく真理、見出す儚い真実を知っているのかもしれない、と思わせます。隠された謎を知りたい、そんな気持ちになることもあるでしょう。

しかし、いろんな要素が絡み合って作り上げられたメンタルブロックをベースとした複雑な人格を持ち、彼ら特有の見え方をするメガネ(通過するフィルター)を投影したものを見ているので、彼らは物事の受け止め方や解釈のパターンが曲がりくねっていて独特。そんな奇々怪々な世界観を、彼ら自身の良い意味での『奥深さ』の顕れと感じる場合、自分自身も相手と似た奇々怪々の要素をもっているケースが多いことに気づきます。つまり『複雑な人』を『人生に対して深い体験と考察を得た人』というふうに感じるとしたら、感じている人自身も『複雑な人(それなりに厄介な人)』だということです。かつての私のように!

冒頭のローズモスクの複雑さは、無駄な要素が排除された優美なデザイン、考え抜かれた構図同士の掛け合わせによって、ステンドグラスと絨毯が、相乗的に眩惑的な美しさを生み出しています。それに対し、複雑怪奇な認知システムをもつ(ブロックが多い/認知の歪みが大きい)人間は、理解されにくいことによって当人が生きづらいのみならず、周囲の人の目に、闇(病み)を無自覚に垂れ流しているように見える存在として定着していきます。『複雑な人』であるトーマスタイプは、彼の存在する地点が、彼以外の誰も足を踏み入れたことのない、入り組んだ洞窟の深いところである、という意味で『深い(ところに足を取られている)人』。

では『シンプルな人』であるウイリアムは『深い』のか。トーマスのように、複雑な構造が相互に関連し合って延々続く『洞窟的(あるいは闇夜的)深さ』はないけれど、浅いタライの透明な水を通して、他者の状況や心情に疑いをもたず、直接重なり寄り添おうとする『流動性が作り出す柔軟な深さ』があります(見る人にとっての『深い人』の定義に合致していないとしても、『シンプルな人』としての『深さ』がある)。

写真で紹介した金曜モスクは『シンプル』です。しかもいろんな『シンプルさ』によって構成されていて、それらがある種の『深さ』を創り出し、構造物としての『深遠さ』へと収束していったように感じました。

オススメ関連記事: