本日は、急きょ開催された、アクセス・バーズ講座でした。

お越しなったのは、ふたりのお子さんを育てつつ、春日井市で「予祝や」という屋号で

・エステティックサロン

・カードリーディング

・ヒーリング、エネルギーワーク

などの活動をされている misa さんです。

最近ブログを始めたそうなので、ご紹介いたします。 → コチラ

「予祝」とは、日本に古くから伝わるならわしで「豊作など、あらかじめ期待する結果を模擬的に表現する(予め祝う)と、そのとおりの結果が得られるというもの」(コトバンクより)。

引き寄せ的な発想(波動共鳴の考え方)が、大昔の日本にもあったということですね。

午後の交換セッション(実技練習)。

まずは私が施術した際には、第三の目のところで光がバチバチ点滅したり、お腹のなかがグルグルと動いたり。施術後は、足の裏が、きちんと床にくっつくようになったり。興味深い体験をいろいろとされたようです。「整体に行った後みたい」とおっしゃっていました。

私を練習台として施術していただいたときも、いろいろなエネルギーの動きを感じて「おもしろーい!!」と楽しんでいらっしゃいました。

私が練習台になっていたとき、私はインプラントバンドのポジションで、赤いエネルギーのなかで、たくさんの光がバチバチバチと弾ける、というビジョンを得ました。

そのお話を後ですると

「インプラントバンドのとき、庭の木に、なぜこんなにたくさんの鳥が?というくらいに鳥が集まって、一気に飛び立っていきましたよ」

とのこと。

内側が外側に表れ、外側は内側の別形態であり、でも、どちらも消散する、本質的には実態のないもの、ということを象徴しているかのようで、興味深く感じました。

オススメ関連記事: