私たちは過去、現在、未来が直線的な軸のうえにあると思っています。



私たちが生きる世界には、直線的な時間というものが存在するということになっていて、それが共通の認識です.

しかし、実は過去も現在も未来もなく、未来のほうが過去よりも後に存在するということもなく、いろんな選択に基づいた現実が同時に存在しています(と言われています)。

実際のところ、私には、地球外の天体と思われる場所での生の記憶、今よりもずっと文明の進化した時代での生の記憶、いろいろあります。

地球ということで言うと複数回にわたって人類や文明が滅んでいます(時間軸上でみると)。

人生とは永遠に続く今しかない、これもよく言われることですが、何が未来で、何が過去なんだか、よくわかりません。

といいますか過去、現在、未来は、重なっているんですよね。

ですから実際には過去生、未来生という表現も妥当でない感じがします。

人間の認識には限界があるので(これも共通ルールとして設定しているんだと思いますが)そのようには知覚できない仕組みになっているのだと思います。

こういうことは言いすぎると「アタマのおかしい人」認定されるので(笑)、気をつけたいものです。

オススメ関連記事: