何となく、思い浮かんだことを、ただ書くだけの、つぶやきコーナー

「プチ(意識の)たま(ねぎ)ブロ(グ)」。

 

昨年秋、バンクーバーに行ったとき

飛行機内で「ベン・ハー」(2016年版)を観た。

 

そのときの記事がコレ。

一周回る~人間の成長とは(1)『ベン・ハー編』

 

恐らく私が観たものは

国際線の機内上映にはふさわしくない、

ということで

イエス・キリストの登場シーンをカットして

前後の話をつなげていた。

 

「本当は、どんな話だったのだろう?」

という関心が消えないので

BLU-RAY+DVDを買った。

(日本ではビデオスルーになってしまったのね)

 

 

「ベン・ハー」は過去に何回か

リメイクされていて

有名なのは1959年版だ。

 

ベン・ハー役が、故チャールトン・ヘストン(元・全米ライフル協会会長としても有名)

メッサラ役が、故スティーヴン・ボイド(後に45歳の若さで死去)。

 

2016年版は

ベン・ハー役が、ジャック・ヒューストン(リアルでもサラブレッドのおぼっちゃま)

メッサラ役が、トビ―・ケベル(育ちがジャック・ヒューストンとは対照的。こういった大河ドラマ的な作品では分かりにくいが、演技派だと思う)。 

 

ふたつの「ベン・ハー」に対する、私の印象&感想。

1959年版 ⇒ 史劇

2016年版 ⇒ ヒューマンドラマ

 

1959年版 ⇒ ベン・ハーとメッサラが「常人ではない」感に満ちている

2016年版 ⇒ 2人とも190センチ近くという大柄でガタイも悪くないのに、印象が軽く優男

2016年版が

なぜヒューマンドラマになったかと言うと

観客目線での『共感』に軸足を置いたからだと思う。

 

ベン・ハーも、メッサラも

ひとりの人間としての苦悩を抱えていて

観客と同じ人間としての

その繊細さに焦点を当てて描写していくと

 

「この人達も、いろいろと大変なんだな」

 

という、

同じ地平からの感想となり

 

史劇テイストの強かった

1959年版のような

『超人性』への畏怖の念が生まれてこない。

 

精神にせよ

肉体にせよ

『常人を超えている』

要素が明確でないと

 

丸腰の貴族と言えど、その長であったり

軍人のなかでも功績を挙げたリーダー/ヒーローなのに

なんだか『普通の人々』に見えてしまう。

 

その点で『超越的』であったところが

1959年版の強みであったし

史劇とヒューマンドラマを分けた要因と感じる。

1959年版の神演技

その1 ⇒ メッサラ(スティーヴン・ボイド)が戦車レースで大怪我を負い、息を引き取るまでのシーン

その2 ⇒ ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)に、イエス・キリストが水を差しだすシーンにおける、ローマ兵の表情(この短いシーンにしか出てこず、役者の名前は知らないが、驚きの上手さ)

 

2016年版の好演技

その1 ⇒ エスター(ベン・ハーの妻)が、戦車レースを思いとどまるよう説得するシーンのメッサラ(トビ―・ケベル)

その2 ⇒ 戦車レースで勝利したベン・ハーに、観客席から駆け寄ろうとするジェスタス(ベン・ハーが命を助けた青年)

2016年版において

「これってどうなのよ」

というのが

戦車レースにおいて

ベン・ハーと組んだ

族長イルデリム(モーガン・フリーマン)が

 

袋に入った金貨らしきものを渡して

ベン・ハーの母と妹を

ベン・ハーの代理で

隔離されていた洞窟から

自由にして連れて帰るところ。

(1959年版では、ベン・ハー自ら、業病の谷を探し回り、ふたりを連れて帰ろうとしている)

 

2016年版では

ベン・ハーが

戦車レースで

右ひざから下を失った

宿敵メッサラと、お互いを赦し合い

 

「これ以上、憎しみあいたくない。もう、これ以上戦えない。覚えているか、昔、俺が落馬して大けがをしたとき、お前がひとりで俺を運んでくれたことを。今度は、俺がお前を運ぶ」

と言った手前

 

メッサラを運ぶことで忙しく

母と妹にまで手が回らなかったのだろうか(という疑問が生まれた)。

 

また2016年版では

キリスト(ロドリゴ・サントス)の顔を見せている。

(1959年版でも、キリストは登場するが、どのシーンでも顔を写さない)

 

恐らくリアルで会ったら

ロドリゴ・サントスは

気絶するくらいに眩く

美しい男性であろうと予想するのだが

 

この映画においては

「普通のロン毛のオトコ」にしか見えず

少なくとも “神々しく” はないので

顔を見せないほうが良かったのではないかと思う。

 

イエスの描き方についても

『共感』を心がけたという制作裏話があったが

『共感』以上のものがないと

威厳・カリスマが出てこない。

 

人間からの『共感』を呼ぶ “神” という設定/発想が

 

正統派美男/美女よりも

親しみのもてる

隣にいそうな

お兄さん/お姉さんのほうが

人から愛され

人気を集めるだろう

 

と予測するのと似ていて、やはり今時感覚なのだが

 

『共感』などという軸を持たないところにいるのが

 

もっと言えば

人間の『理解』を超えたところにいるのが

そもそもの “神” だと思う。

 

ヒューマンな貴族、

ヒューマンな軍人、

ヒューマンな神。

 

2016年版は、やっぱりヒューマンドラマなのである。

オススメ関連記事: