今日はアクセス・バーズ 1day 講座。

愛媛県&愛知県、「W愛」の方たちが受講してくださいました。

ありがとうございます!

あなたの「空(くう/コンシャスネス)」を広げる案内人&草の根ブロガー、あつこです。



さて、昨日の記事のつづきです。

 

インターネットの普及&発展により、

海外旅行って

すごくラクなイベントになったと思います。

 

私よりも年長の方や

冒険者タイプの方にしてみたら

私の話など生ぬるいでしょうけれど

 

私が若かった頃

ツアーに参加したいなあと思えば

新聞や雑誌などの広告を基に

郵送で資料を請求し

まずは届くまでに1週間弱。

 

地図も観光局や旅行代理店から

無料でもらえるものもありますが

自前で購入すれば700円くらいはかかり

地図片手に街を歩いた結果

道に迷えば

通りすがりの人に尋ねるほかない。

 

地図は開いたり閉じたりするうちに

折り目が少しずつ破れてきます。

 

20年以上前の話になりますけれど

当時、友人がロンドンに住んでいたので

2回ほど遊びに行ったことがあります。

 

どこで何時に待ち合わせるか、

日本とイギリスの間の

ハガキのやりとりで決めました。

(国際電話は料金が高いし、インターネットはまだなかった)

 

何が楽しい、どこが見どころ、

そういった口コミも

情報量の多い人物や機関とつながらない限り

生の情報、確度の高いものは手に入らない。

ガイドブックや旅行代理店にお金を払わないと

細かなことや具体的な内容が分からないことも多かった。

 

飛行機のリコンファームも

自分で電話をかけて

拙い英語で行なわないといけない。

 

社会的努力あればこそ、の旅でした。

 

1478823788538
ビクトリアに向かうフェリーの上から。

 

今って、何から何まで

インターネットがやってくれます。

 

資料請求も

飛行機やホテルの予約も

お店の予約も。

 

身体なんぞ

1ミリたりとも動かさなくても

いろんなサービスを

比較検討できます。

 

行く前から

飲食店のメニューや料金、

お店の内装や雰囲気まで分かります。

 

メールで問い合わせれば

24時間以内に返信があって当たり前。

 

「みんなが集まっているココは何なのだろう?」

予習してから行かなくても

その場で目に付いたものは

検索すれば即座に

何であるか、どんないわれのあるものかが分かります。

 

1478823863734
ブッチャートガーデン

 

ポケットタイプの英和辞典、和英辞典を持ち歩かないでも

ネットが使える環境にあれば

翻訳もできます。

 

「両替しようかな~」

なんて思ったとき

今日のレートもすぐに分かります。

 

どこに行けば

レートが良いか、すら分かります。

 

今回のカナダ旅行では

グーグルマップをよく使いました。

 

行先を入力すれば

効率的なルートから

交通手段別の所要時間まで教えてくれます。

 

付近のお店にはどんなものがあるか、も分かります。

 

お店をクリックすれば

口コミを読むことができます。

(英語ですが)

 

時間、距離、体力、労力など

いろんなコストを節約できます。

 

1478853066169
バンクーバー、最終日の朝日。

 

実際には

社会におけるテクノロジーの仕組みと発展に支えられているだけですけれど

個々人の万能感は自ずと「高まり」ます。

 

時系列で表現すると「高まる」となるわけですが

「世の中とは、そういうものだ」という認識に最初からある人たちは

「テクノロジーの仕組みによって拡大している能力=自分自身に元々備わっているもの/素養」として、取扱いがちです。

 

ところが

何かの目的を遂げるために

自分の身体を動かしたり

困ったり、焦ったりしながら

知らない人達とリアルに関わったり

面倒な手順をひとつひとつ自分自身で進めていったり。

 

それを身をもってしたことがあるか、ないかで

人として、かなり違うと私は思うのです。

 

今は泥臭い努力が好まれないし

労少なくして

スマートに物事を成し遂げることが

当たり前/美しいかのようですが

 

キレイで、完成度の高いことを言っていても

(今の若者には結構多い。ある意味で成熟しているようにも見える)

「じゃあ、あなたが身を粉にして動いて、一体どれだけのことができるのですか?」

と三次元レベルでの実現度を問うたとき

行動力や根性といったバイタリティも、人を動かす力にも欠けている場合があります。

 

昨日の「ベン・ハー」の話で言えば

ユダヤの貴族の息子ジュダは

自らが優遇されるという

社会の仕組みや構造に

生まれる前から支えられていたからこそ

義理の兄弟であるメッサラがエルサレムに戻ってくるまでは

キレイで、完成度の高いヒューマニズムを

澄んだ瞳で語ることができました。

 

その後、再会したメッサラの策略に嵌ったことで

彼に対する憎しみが生まれたからこそ

驚くべき行動力と根性を発揮しました。

彼の粘りを後天的に形作ったのは、憎しみと復讐心だったのです。

 

恵まれて育った者には根性がない、

憎しみなどの負の感情をバネにすることで

人間は頑張れる/成長できる、

ということではないし

ある人にとっての苦労を

同じように苦労として感じることすら、必要ではありません。

(ラクラク生きていて、それでいいのよ~)

 

それはそれとして

二次元的世界における疑似寄りの情報のなかを泳ぐことを体験と捉えるのではなく

肉体を通して三次元の体験をしっかり積む、

というのは

生まれてきた以上

そしてまた生きていくうえで

かなり大切なことだと思います。

 

私の知人は

小学生の子供が何かの調べものをするとき

インターネット(ウィキペディアとか)を使うことをさせず

図書館へ一緒に足を運び、紙媒体を使って調べる、ということを教えていました。

「インターネットでラクをして大量に手に入る情報を、真実だと思い込んだり、鵜呑みにしたりするような子には、なって欲しくない」と。

例えば、そういう逆向きの努力(新しいテクノロジーに触れさせることばかりをよしとせず、あえて時代に逆行したことをすること)も、ときに必要なのかもしれません。

 

社会の仕組みのあり方が

テクノロジーの発展によって底上げされているからこそ

見えてこない/明るみに出ることのない部分があるわけですが

その状態をもってして

すなわち、時代や人間の進化である、とみなしていいんでしょうか?

 

(つづく)

オススメ関連記事: