昨晩、イスラエルから帰ってきました。

今日はずっと眠っていました。

今も眠いです。

マッサージテーブルが届いたのですが、梱包を開ける気にもなりません。



写真は、イスラエルで買ったおみやげです。

ステキな絵を買ったので、飾ろうと思います。

しかし、日本の標準サイズではないようで、額をオーダーせねばなりません。

20151206_231632

イスラエルに行って、ますます考えることが苦手となりました。

このブログも、まとまったものになるかどうか。

11月は、3回海外に行きました。

イスラエルが最後の渡航地です。

 

今回のグループは私を合わせて7名。

女子性が高く

箸が転がっても楽しいタイプが多く

私は己のおっさん性を再認識しました。

 

すなわち、孤独感はないけれど、孤立感はある(笑)

私にも、箸が転がっても

おかしかった時代はありますが

今や、女子大生・OLさんのグループに、オヤジが混じった感じです。

 

会話がとりとめなく展開していき

発言しようとしたときには、既に話題は30歩先を行っています。

 

選択の道は常にあり

女子性に同調していく路線もありますが

(そちらを選択すれば孤立感は減る)

私のなかの違和感が増大するので、まあ、無理のない範囲で(笑)

 

私は他者の意思決定に

影響を及ぼすのが嫌いなので

誰かといるとき

その点について、とても気を遣い、尊重します。

 

しかし恐らく、その気遣いポイントも

他者とはかなり違っていますし、社会一般的な気遣いをしていません。

 

なので、中には「あつこさんといると、すごくラク」と言う人たちもいます。

 

どんな集団にいても

私としての自然体ではいられるのですが

「ほかの人達と違う私は、どこかおかしいのでは?」

と感じる自分もいることを発見できる旅でした(ブロック発見)。

 

セッションや、個人瞑想指導などでは、

「ママ友との付き合いが苦手」

「女子のグループ特有の同調を求められる感じが苦手」

とおっしゃる方に

多々お目にかかるので

グループの色に合わせて

とりあえず同調している方も、社会には多いのかもしれませんね。

 

日本は同調圧力の強い国ですから。

(同調圧力も民族的ブロックのひとつ)

それとも、私のところには、そういう人が集まるのかな。

 

ともあれ、すべての人が自然に共存できる、世の中でありたいものです。

ここまでは、日本人コミュニティの話です。

 

転生はある、ということを前提にすると

転生において各地に残した

霊体のエネルギーというものがあるらしく

旅で訪れることにより、昇華・統合されることがあるようです。

 

イスラエルで私は

ティムナ国立公園(ネゲブ砂漠にあり古代エジプト文化や当時の暮らしの跡がある)

クムラン国立公園(エッセネ派が信仰に基づく共同生活を送った場所で、死海文書が発見されたところ)

で、自分の身体や内部に動きがみられました。

 

過去世の記憶では

私はエルサレムや

イエス・キリストの活動の流れにもあった者なのですが

そちらでは、特に大きな体感はありませんでした。

 

どこで何に反応するかは、人によって、まちまちです。

エルサレムは

日本で言うと京都みたいな位置づけにあり

特に憑依体質の人にとっては、ときに重く苦しい場所のようです。

 

エルサレムの市場で買った

お茶を飲みながら、ブログを書いています。

 

すごく美味しい。

もっとたくさん買っておけばよかった。

1449481873019

このお店で買いました。

ここで働いていたお兄さんは18歳。

これから3年間の兵役だそうです。

 

イスラエルでは

たくさんの10代男女兵士を見かけました(こういった街中にはいません)。

 

自然な感じで、肩から銃を下げて、お店でランチをしていたりします。

銃の管理は、各自に任せられているそうです。

20151204_145024

20151204_145009

オススメ関連記事: