ふとやってきた「何かを信じないでいい」という感覚。



「信じない」ということは「不信」とは違う。

「自分を信じよう」とか「自分の感覚を信じよう」とか耳にしますけれど、一体「何が」「何を」「信じる」んですか?

この主体をキチンととらえて「信じる」ことの本質を解説できない人の言う、もっともらしいことを私は信用しません。

「信じる」と「信用する」というのも、また別物。

先に出した例で言うと「自分を信じる」「自分の感覚を信じる」必要はないんですよ。

100歩譲っても、処世術における単なる方便ですね。「何かを信じなければならない」自分であるところに、既に落とし穴がある。

オススメ関連記事: