さて、昨日の記事になんとなくつなげてみます。



結局のところ、「信じる」というのは「不信」とワンセットです。

「信じる」ということには「不信」がもれなく付いてくる。

 

一方、「信じない」ということは

「信じる」⇔「不信」軸におけるジャッジ不要の状態です(ジャッジから自由、離れている)

 

で、「自分を信じる」とか

「自分の感覚を信じる」とかって

どういう主体が

どういう客体を信じるの?って話です。

 

「自分」が

「自分」を信じるのだとすれば

その人にとっては

「自分」とは別の「自分」があるということですね。

つまり「分離」です。

 

一例として

「自分」が「自分」を信じる

を挙げましたが

「分離」を埋めようとするベクトルが「信じる」なわけです。

つまり前提にあるのは「分離」です。

 

「分離」を前提とした「統合」はあるようで、ないです。

どこまで行っても、ないです。

 

この世は自作自演、人生は自作自演。

まずは、その部分だけでも分かっていれば、いいんじゃないんでしょうか。

ほかの人の自作自演のストーリーの共演者になるかどうかも、その人の選択です。

 

オススメ関連記事: