先日『インディアン・ランナー』にみる無価値観と受け取り下手 」という記事を書きました。



そこで受け取り下手の、周囲に対する「破壊力」は相当なもの、と表現しました。受け取り下手と同じくらい厄介なものに、被害者意識があります。

大きく言えば「私はこんなに酷い目に遭いました」「私はこんなにも可哀想な人なのです」という見えない看板を背負うことです。そして、どんな人のなかにも多かれ少なかれ被害者意識の種子はあります。何かの刺激に対する反応として、それがひょっこりと顔を出すこともあります。

で、よくあるのが「こんな可哀想な私をどうにかしてください」というモードがその人のエネルギーの広範囲を占有しているパターン。私もこのような仕事をしていますので、ときどき、その傾向の強い方と出会うことがあります。

そして、そういった方たちがわかりやすく“可哀想な私”“助けを必要としている私”“自分で自分を助ける力をもっていない私”として、「もちろん、助けてくれるんですよね?」とばかりにアピールしてくるとは限りません。

他者への批判、自分のことは脇に置いておいての一見筋道の通った理想論、他者を否定することで「私を救うことのできない人たちは無能である」という自意識を満たす、いろんな顕れ方を採ることもあります。

被害者意識歴が長ければ長いほど、その層が深ければ深いほど、その意識や行動のパターンは巧妙になり、熟練していきます。

被害者意識に基づいて生きるかどうかは、その人の選択の問題であり、よいも悪いもないことなので、どうであっても構わないといいますか、私の関与するところではありません。しかし、これも受け取り下手と同じで、周囲に対する「破壊力」は相当なもの。

まずは、そういう人たちに真剣に真正面から関わる人たちから、どんどんエネルギーを奪っていきます。そういう形で、他者をコントロールしていこうとします。ある意味で「一見弱者」の戦術とも言えるでしょう。

世の中にはびこるコントロールの犠牲者だから被害者意識が強いのではなく、むしろ被害者というマスクを付けてはいますが、他者に対するコントロール欲求は、被害者意識の強くない人よりも強大である(それが無意識レベルのものであるとしても)、と感じることが多いのです。

私が属している流れから、私自身も折に触れ感じるのですが、被害者の看板を背負い続けている以上、人生のパターンを変えることが難しい時期へと世の中が移行しつつあります。

今までは被害者意識をベースに生きていても、そこから転ずるチャンスがあったり、どこかからサポートがやってきたりしました。今後はそのパターンを卒業した人と、そうでない人とでは別の世界を体験していくようです。意識の世界において、両者が交わることが、さらに減っていきます。

オススメ関連記事: