家の片づけをしていたら、2007年6月に行なわれた、カバラの先生であった、はるこ・フィリップさんによる、私のDNAリーディングの記録が出てきました。

私は過ぎたことをあまりよく覚えていませんので、どんな内容だったかを既に忘れていました。



2014年の末となり、改めて読んでみると、セッションの最後に行なわれた大天使ミカエルのチャネリングメッセージにおいて、潜在意識のことにいろいろと触れられていました。

ここに掲載してみたいと思います。

(ここから引用)

【大天使ミカエルからのメッセージ】

私は、ミカエルとしてお話しいたします。

あなたという、非常に卓越したスピリットがこの世界に入ってきて、経験をし、奉仕する予定になっていることを、私たちは喜びといたします。

あなたが、あなたのやり方でご自分自身を閉じて、そして、その閉じている苦しみ、高いところとのつながりが切れている苦しみ、フラストレーション、そういったものを感じる前半のライフがありました。

そして後半のライフは、それを開いていく喜び、そして開いた後に、たくさんの人とつながりを作っていく喜び、それらのことを、これからあなたは経験していくことになります。

あなたに必要なことは、あなたは本当は何が欲しいのか、何をどうしたらいいのか、ということを、ご自分のなかで聞き続け、それを明確にしていくことです。

そして、それを止めているものは何か、そのブロックに対して、気づきをもっていくことです。

あなたのなかで、ブロックになっていることはたくさんあります。

そのブロックが、天界からのエネルギーを止めているのであり、あなたの喜びのエネルギーを止めています。

あなたは本来喜びに溢れた人間で、活動的な人間です。しかしながら、このエネルギーのブロックが、そうでないあなたにしております。

あなた自身が潜在意識の秘密・機能を知り、ほかの者たちに、それを伝えていくことになるでしょう。

たくさんの者たちが、その存在に気づかずに、毎日の生活をつまらないものにしております。ブロックのなかで生き、そのブロックが自分の性格なのだと思い込み、諦め、歳を取っていって、死んでいきます。

あなたのなかのブロックは単純なものではありません

しかしながら、それをひとつひとつひも解いていく喜び、そして本来のあなたが戻ってくる喜び、それらをプロセスとしてこれから味わっていくことになるでしょう。

今日は呼んでいただいてありがとうございました。

(以上引用)

オススメ関連記事: