アジサイのシーズンですね。我が家も庭の何箇所かにアジサイが植わっています。

愛犬ニケのラベンダーでドライフラワー(第一期)を作成中。昨年の秋口に、別件にて立ち寄ったホームセンターで売られていたものを購入して植えただけで品種選びにこだわりはなかったのですが、庭のほかのラベンダーに比較して、とてもよい香りです。

さて、ブログの記事更新を停止することにしました。ブログに限らず、情報発信的な行為から退きます。

経緯をかいつまんでお話ししますと、発信とは何かシェアしたいことや、伝えたいことがあればこそ、為されるものだと思います。

以前はシェアしたい、伝えたいものがあったので、いろいろ書き連ねてきました。しかし、そういう気持ちが消失し、情報発信の名を借りた “思考(マインド)の垂れ流し” の無意味さを痛感するに至りました。

時期を同じくして、周囲の家々が取り壊されて新しい建物、新しい住人へと一気に入れ替わっていく、今までいたはずの部屋が気づけばサイズやインテリアがガラっと変わっている、といった類の夢を就寝中に頻繁に観るようになっていきました。

そういった夢を見た翌日は、リビングのシャンデリア(ウチは昭和レトロな家)の最後の白熱灯が切れていたり(ほかは既にLEDに交換済)、前日まで問題なく印刷できていたプリンターのインクが、色が薄くなるプロセスなく突然切れて印字できなくなっていたり。

私はPCを3台所有しています。なかでも父の遺した富士通ESPRIMO(画面から入力できるタイプのもの)を最も頻繁に使用しておりました。これといって何も作業をしていないのに「PC内の温度が上がっていて危険な状態なので電源を強制的に落とします」というメッセージが頻繁に表示されるようになりました。通気口などの掃除をしても変化なし。室温も高くありません。ハードディスクは8割方空いているので、どこから生じる負荷なのかが分かりません。しかし、そろそろ切り替え時なのでしょう。さほど保存されていないハードディスクのデータ整理を少しずつ進めていくことになりそうです。

日々普通に働き、普通に生きるなかで、自らの感じるものと発見を噛みしめていく、それが必要にして十分な、これからの私の生き方であるように感じます。

なお、ブラウザのタブには「『本当(空-くう)』を生きたい人のための“読むセッション”」と表示されていたのに、プログラムのバグか何か分かりませんが「アクセスコンシャスネス®~」と、これも突然、過去に使っていたものが表示されるようになりました(誤表示はトップページのみかもしれない)。原因不明なので、修正のしようがありません。私は現在「アクセスコンシャスネス®」に関わっておりません。どうでもよい情報ではありますが、一応お伝えしておきます。

ブログの記事は消すにふさわしい時期が来るまで残しておきます。私にも「あのリフォームはいつだったかしら?」と記録を辿ることがあったりします。タブの「アクセスコンシャスネス®~」を含め、すべては過去のものとなりました。既にないもの、幻影です。前を向いて、日々新たな生を生きましょう。

オススメ関連記事: