海外に出かけるメリットには、いろんなものがあります。異文化に触れる、ということには、特に大きな意味があります。




日本は多民族国家ではなく、島国です。ですから、普通の暮らし方をしている限り、自分の予想を超えた、突拍子もない文化に出会うということがありません。

自分が日本人、日本で育った人、日本で暮らす人である、世界的視点から見て特殊性をもった人間である、ということを意識する機会があまりありません。

つまり、国民性、地域性に含まれるブロックについては、日本にいたのでは気づきにくいのです。

海外に出ると、日本の常識が通じません。「郷にいっては郷にならえ」と言われても、受け入れ難い、現地の慣習や価値観などに直面したりもします。

東洋人、日本人ということで、差別を受けたり、侮蔑的扱いをされることもあります。

そういう場所に行ってこそ、気づくことのできるブロック(メンタルブロック)があるはずです。

その点でも、来月のチェンマイの旅を楽しみにしています。

オススメ関連記事: