メンタルブロックの存在によって不安が強化され、自分にとって望ましくない出来事が引き寄せられることがあります。



それとは別に、その出来事が必要だから起きているということもあります。

短期的視点でみれば、それは自分にとって好ましくない展開かもしれませんが、長期的にみると自分の深いところにある望みが実現するための前提として必要というケースです。

「本当の私」は「私」というスクリーンを通してこの世を経験している意識です。「私」というスクリーンの向こうにある意識が「本当の私」ですが、その存在がそのような不快な経験を望んでいることもあります。半分は怖いものみたさ、みたいなものです。

肉体がないと経験できないドラマってあるのです。

オススメ関連記事: