ONCEダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督による、「シング・ストリート未来へのうた」。

先の2作に比較すると、薄味な感じがするけれど爽快な映画。少年たちが主人公ということもあり、オバハンである私には、感情移入という面で弱かったのかもしれない。

アイルランドはダブリンの男子高校生が、惚れた女の子に振り向いてもらうためにバンドを始める、というありがちな設定、また現実世界にもよくあるパターンが微笑ましい。

お金がない、現実的なプランもない、でも夢がある、大好きな彼女/彼と一緒。ふたりで大海原に打って出るんだとばかりに「今でなければいつ行く?」と、小さなボートでアイルランドの港から、憧れのロンドンを目指します。


情熱に基づく暴走は、若き日々の特権

思春期や青春時代には、正体の分からない何かに駆られ、湧き出てくる半端ないエナジーに突き動かされ、大人視点からの道理には合わない、冒険的(≒ハチャメチャ)な行動に出ることがあります。

何だか気になる女の子が人生に登場しちゃった。何に魅かれているのか分からない。でも関わりを持ちたくて、思わず適当な話をでっち上げて話しかけてしまったとか。

彼女の気を引くために、メンバーを集めて回り、バンドを結成。恰好つけているつもりでも、見た目がお笑い集団。でも、そんなこと気にならないくらいの勢いがあるし、自分達のカッコ良さに根拠のない自信があるとか。

気になる彼女には、実は彼氏がいるんだけれど、そんなことで諦められないし、思わずキスしちゃった。向こうもまんざらでもない様子。まだまだチャンスがあるぞとか。

威張りくさっている校長の機嫌を損ねたって気にしない。感じたままを曲にして、みんなの前で校長を揶揄した歌を歌おうぜとか。

いくら好きな子と一緒であっても、互いの夢を叶えるためであっても、ボートで、アイルランドからロンドンに行こうとするというのは荒唐無稽なのだけれど、「ふたりで行くんだ。港まで送ってくれ!今すぐ!」と弟に頼まれ、「よし来た!さあ行くぞ!」と車で送るお兄さん。「死ぬかもな。でも行け!」と応援する、兄役のジャック・レイナーの演技が見事なのも映画の見所のひとつ。(ちなみに “ふたりでロンドン” は、デモテープを携え、ガールフレンドとともに売り込みに行った、アイルランドのビッグネームU2のボノの実話をなぞっているらしい)

大海原に小さなボートで出て行ったふたりは、どうなったのだろうか?(命を懸けたその先の展開は謎。エンディングはファンタジックです)。「命を懸けてもいい」と思える対象を持ちやすいのも、若い頃の特権と言うか特徴。若さゆえ、自分の気持ちを誤解している場合も多々あるけれど、情熱があり、純粋に何かを信じることができる。「若い頃のような純粋な恋愛は、残念ながら、できなくなっていくんだ」と、ヴィゴ・モーテンセン(『ロード・オブ・ザ・リング』のアラゴルン役だった人)も言っておりましたね、そう言えば。

年を取ってから、振り返れば「バカだったよな」「よくあんなことしたよな」と苦笑しつつも、大切で温かな瞬間の数々。いろんなことを経験し、吸収し、今の自分の基礎を作り上げていった時代。大人達は眉をひそめるけれど、当人たちは真剣で、壮大なビジョンをもっていたりする。そして夢があることで初めて動き出し、作られていく現実がある。

青き者、若き者に対しては、多くの社会が寛容です。日本も同じ。

シンプルに少年(もっと子ども)の冒険を通じた内面の成長物語としては、リバー・フェニックスが出ていた「スタンド・バイ・ミー」のほうが好きで共感するし、普遍的なテーマが表現されていて秀逸と思いますが、「シング・ストリート未来へのうた」も “とある思春期~青春” を描いたものとして、とても感じのよい映画です。

1985年の舞台設定なので、私が大学に通っていた時期と被るということもあり、挿入される当時のスター(Duran Duranとか)の音楽もノスタルジックで楽しい。作中で、主人公達が演奏している曲もとてもいい。このクオリティでコンスタントに作ることができるのであれば、プロになることも夢ではないでしょう(笑)80年代に青春時代だった人、音楽やバンドをやっていた人は、特に好むだろうと思います。

人生に主体的に取り組んでこなかった人の「そのままで完璧」は言い訳&合理化である

思春期の、そして青春の狂気や突っ走りは通過儀礼のようなものであり、それを経験済みかそうでないか(それを自分に許してきたかどうか)で、後の人生の豊かさ(と言うよりは “弾力性” とか “伸び代” とかかなあ)に違いが生まれる気がします。

いい歳こいてしまってからでは、分別が邪魔をしたり、他人の目が気になったりしてできない「情熱を注ぎ込まずにはいられない、大人の目から見て馬鹿げたこと」。

人間や人生をダイヤモンドに例えるならば、細かな馬鹿げたことを真剣にやってきている人は、その人ならではの細かなカットの入ったダイアモンド、精緻で独自の輝きをもつ存在になっていく。

とにかく何かやっていさえすればいいとも、多動なのがいいとも思わないけれど、突き動かされる何かがあっても何もしない人、やらない理由を見つけることが得意で行動に移すことの少ない人は、いくつになっても原石のまま。

原石のままで十分に素晴らしいとしても、「自己発見」の視点から言えば、経験値(カット)の積み重ねを経て、「素晴らしい原石を与えられていた自分に気づく」というプロセスを経るのでなければ、生まれてきた意味がない。一周以上回って、再び原石(原点)に戻る必要があります。

「その人ならではの細かなカットの入ったダイアモンド、精緻で独自の輝きをもつ存在」とは、自分達の原石のもつ豊かさ&可能性を捨てることによって、平穏無事な人生を送ろうとする人達ではありません。体験を通じて己を知り、原石の価値を理解し、十二分に活かした人生を送る、という実践を積んでいる人達です(それは社会的成功者と必ずしも一致しません)。

人生においては自分の意思で原石をカットしていくか、カットをサポートしてくれる誰かが現れるのを待つしかないのだけれど、年を取るにつれ、どちらも難しくなっていきます。

年を取ると、自分の意思で原石をカットしていこうという気持ちになりにくいし、その人を変えてしまうような機会を提供してくれる、無邪気ゆえに押しの強い率直な人達が周囲に少なくなっていきます。実際には年齢がどうであろうとまったく関係がないのですが、若い頃と比較すれば「細かな馬鹿げたことを真剣にすること」、それひとつをとっても、ずっと大きなエネルギーを必要とする状況になっていることが多い。

エンディングの、主人公の男の子と女の子がボートで海に出ていくシーンで流れる曲 “Go Now”。映画のダイジェストにもなっているので、観ると心地よく雰囲気を掴むことができます。

青春時代は、いろんな面で人間臭い時期なのだなあと思います。多感で、行動力があって、苦しみがある時期は、そのとき八方ふさがりのように感じても、のちに振り返れば「大きなギフト」であったと気づかされることが多いです。

「今ここにいる僕らには 人生のチャンスがある

それは君の求めていたもの

目を見ればわかる

瞳に光が射していることが 君にもわかっている

行こう 間違っていてもいい

だって明日になれば 君は正しいのかもしれない

座って話しているなんてダメだ 時間をムダにしているだけ

前を向いて行こう

今行かないのなら いつ行く?

自分で探し出さないで 何が分かる?

今変わらないのなら 成長することもないだろう

(私による、超ざっくり訳)

私は、主人公達の演奏のなかでは、この曲(↓)が一番好き。みんなが同じ振付けやステップで踊るのって、高校1年のとき、1カ月間ホームステイしたイギリスで通ったディスコ(死語?)で流行っていて、そのときのことを思い出します。映画のこの曲は、アメリカのプロムをモチーフにしているようで、踊りのテイストも若干違います。しかし、いずれにせよ、ティーンエイジャーの頃の体験のエッセンスはDNAレベルにまで落としこまれる、と自分を振り返って感じますね。

「これは君の人生 どこにでも行ける

しっかりとハンドルを握って 自分のものにしろ

盗んだもののように飛ばしていけ

回せ これは君の人生 何にだってなれる

ぶっとばすことを学ぶんだ アクセルペダルを踏み込め

そして盗んだもののように飛ばしていけ」

(私による、超ざっくり訳)

 

【超小ネタ】

ザ・コミットメンツ」の歌姫ナタリー役(当時20代)=女優で歌手のマリア・ドイル・ケネディ(私と同い年で4児の母)=「シング・ストリート」主人公の母役(50代になった頃)

※20年強の時間経過に伴い、カラダの幅が倍くらいになっていて驚いた。

オススメ関連記事: