2ヶ月間のメールセッションを終えて、日々のいろんなところで自分の変化を感じています。

嫌な出来事、それに伴って湧いてくる感情や思考、からだの感覚・・・

セッションを受ける以前のわたしなら、そこから抜け出せない状態が何日も続くことも当たり前のことで、それが「本当の自分なんだろう」と思っていました。

 

でもそれをどうしても変えたくて、こういう生き辛さから抜け出せるなら、自分の力で変われるなら・・・という想いで、セッションを受講しました。

そしてブロックの外し方やあつこさんとのメールでのカウンセリングの中で、本当の意味での「あるがままの自分」に少しずつ体感として触れられるようになりました。

 

「メールでのカウンセリングってどんな風にするんだろう。」

って不思議だったのですが、始まってみるとあつこさんからのメールをきっかけに、毎日自分に向き合うという作業をすることでいろんな氣づきがやってくることが楽し過ぎて

「すぐに返信したいけど、もう少し時間をおいて、何かが起こるか待ってみよう。」

とメールを書きたい氣持ちを抑える時もありました。

 

最初にまず、自分の持っているたくさんのブロックを集中して外したからこそ氣づくということが、今まではたどり着けなかったところにまで、およべたのかなあとも思います。

わたしはただひたすら自分の感じたこと、考えたこと、自分について掘り下げたことをメールするだけで、それに対して、あつこさんからいろんな角度からの指摘が返ってきて、

「なるほど。」「これは突かれたくなかった・・・」っていう言葉や、その時は素通りしてしまっても後で読み直してみると、意味を理解できる言葉などあって、それらがどんどん氣づきに繋がって、それと同時に、今まで自分を苦しめていたブロックが外れていって、セッション中もどんどん自分の変化を感じられて とても嬉しかったです。

風邪をひいても、病院や薬が面倒で、なんとか自分でどうにかしたい(家で寝てるだけで治したい)っていう出不精なわたしにとって、心のことも、誰かの力じゃなく、いつでも何が起こってもその都度自分でどうにかしたい(何か起こるたびに人頼みは絶対続かない・・・よくなる確証もないし)っていう想いがあって、これまでセラピーなど一度も受けたことがなかったのですが、あつこさんのブログの「カウンセリング不要の自分になる」っていう言葉にとても惹きつけられました。

 

セッションの受付がいつから始まるのかメールしてしまったくらい、どうしても受けたいと思うものでした。

今、セッションを終えてから1週間くらい経っていますが、何かに囚われて不快な氣持ちが浮かんできても、その向こうの方にある、本来の自分に戻るということを、自分自身でできたという出来事があったので自分自身に安心できています。

あつこさんのセッションでの出来事は、これから生きていくのに必要なものばかりでした。

ブロックの外し方はびっくりするくらい簡単で、続けるのが苦手なわたしも続けられるものだし、何より自分を許す、認めるということを言葉でなく実感できたことが大きかったです。

楽しみたい 悲しい 悔しい 腹がたつ・・・

自分の中に沸き起こる素直な氣持ちをそのまま認めるだけでいい。

外からの答えは全然必要なかったのだということが、やっとわかったような氣がします。

その素直な氣持ちにどうしたら繋がれるのか、それが分かったというか。

15回のセッション中、毎回長文でまとまらないわたしのメールにも、いつも丁寧にわかりやすく返信してくださって、わたしが氣づくためのきっかけをたくさんたくさん与えてくださって、あつこさんには感謝の氣持ちでいっぱいです。

このセッションを受けることができて、本当に良かったと感じています。

ありがとうございました。

オススメ関連記事: