日増しに阿呆(fool)になっていく私。

今日もやらかしました(^_^;)

 

思考(マインド)という機能は

人間を生きるうえで必要(だから持たされている)。

しかし、思考が思っているほどに

思考とは重要な機能ではありません。

どうしても思考に偏り過ぎる人が多いので、「マインドを手放しましょう」という声がよく聞かれる仕組みになっています。



本にも書いてあります。

修行者が直面する障害はふたつ。

煩悩の障害と、知識の障害。

煩悩の障害を見つけるのはたやすいが、知識(物知り)の障害を自覚し、見つけて克服するのは困難である。

 

道の途中までは

知的な理解や体系化、知識が助けになるけれど、それ以降は、むしろ邪魔になる、ということでしょう。

 

つまり、阿呆でよい。

 

何がよき選択で、何が悪しき選択なのか。

何が正しくて、何が間違いなのか。

何が得で、何が損なのか。

何が成功で、何が失敗なのか。

このジャッジはマインドならでは

でありながら

マインドは、切り取った一部に対する答えしか出すことができません。

 

流れるように流れていくだけ。

流れていって、何かに引っかかって

自力で脱出できない私を見つけたときは、助けてやってくださいませ<(_ _)>

 

オススメ関連記事: