アーカイブ: 関連映画/ドラマ/オススメ書籍

「純粋な意識」と「偽の意識」

「ダウントン・アビー」のトーマス・バローさんに見る人間機械の“面倒くささ”

このところ忙しくて、ブログを書く時間がありません。 …と言うか、ブログを書く必要が、既に私の側にはない気がします。たまには更新するかもしれませんが(旅行に行ったときとか、面白いドラマを見たときとか、家…
続きを読む
「純粋な意識」と「偽の意識」

『複雑な人』と『シンプルな人』~イラン・アゼルバイジャンから帰国しました(5)&「ダウントン・アビー」

イランでは多種多様のモスクを見ました。現在のシーラーズで一番人気のローズモスク。 ペルシャ絨毯の図柄にステンドグラスの色や形が投影され、一段と複雑な模様と美しさを作り出しています。 こちらはイスファー…
続きを読む
「純粋な意識」と「偽の意識」

死を受け入れるための治療―ある俳優と家族の癌との闘いの記録

「スパルタカス」を、私はNETFLIXで観ました(「スパルタカス」について書いた記事はコチラ)。NETFLIXには、「スパルタカス」を演じて後、40歳で他界したアンディ・ホイットフィールドの闘病ドキュ…
続きを読む
プチたまブロ

プチたまブロ(24)執着する人間関係の根底にはカルマがある―「スパルタカス」

おとといは、日帰りで東京出張。各地で連日のように「観測史上初」の気温が報告されているけれど、結局のところ、私の今住んでいるところのほうが暑い気がする。気温が高いのみならず、日差しが刺すようで皮膚に痛み…
続きを読む
自分や他者を活かす

エゴにも段階があり上手に活用できないと残念な結果になる―「ゲーム・オブ・スローンズ」

「ゲーム・オブ・スローンズ」、激しく面白いですね~(アマゾンプライム会員ならば、PRIME VIDEOで途中まで無料で見られます)。 奇人・変人・変態・狂人・病人みたいな人達が繰り広げているようにしか…
続きを読む
関連映画/ドラマ/オススメ書籍

人間は常に何かを欲しがる病人である―「ヴァイキング~海の覇者たち」

まずは愛犬の記録から。 試しに与えたアイスクリームも食べない。唯一口にするのは、なぜか以前から飲んでいる腎臓の薬。 ちょうど切れたので再び動物病院へ。とりあえず、1週間分の薬を出してもらいました。 人…
続きを読む
自分や他者を活かす

若い頃に『駆り立てられて走る』ことの大切さ~「シング・ストリート 未来へのうた」

「ONCEダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督による、「シング・ストリート未来へのうた」。 先の2作に比較すると、薄味な感じがするけれど爽快な映画。少年たちが主人公ということもあ…
続きを読む
関連映画/ドラマ/オススメ書籍

人生における被害者と自己責任論―③トラウマ・サバイバー運動

愛犬をシャンプーに出すと、付けてくださるバンダナが貯まってきました。 これらを活用して、何かできないかなあと思い、パッチワークで暖簾を作ることにしました。不器用なりに頑張った(笑)。暖簾の長さは、私の…
続きを読む
関連映画/ドラマ/オススメ書籍

人生における被害者と自己責任論―②自己啓発セミナー

春です。急に暖かくなりました。随所で桜が咲いております。桜のロールケーキを食べました。ヤミ~。 さて、「セラピー文化の社会学~ネットワークビジネス・自己啓発・トラウマ」を刺激材料としつつ、書いていきた…
続きを読む
関連映画/ドラマ/オススメ書籍

人生における被害者と自己責任論―①ネットワークビジネス

連日の雨が上がったら、犬の散歩コースには土筆がいっぱい。 気が向くと採ってきます。旬のものは食べるのが楽しい。 さて昨日、こんな本(「セラピー文化の社会学~ネットワークビジネス・自己啓発・トラウマ」小…
続きを読む