アーカイブ: クリシュナムルティ

「純粋な意識」と「偽の意識」

紙一重

イスラエル旅行での気づき、第三弾です。 第二弾の続き。 死海の光景。 リゾート地であり 少し変わった立地のためか 近郊のキブツ(イスラエルにおける農業共同体)も人気が高く、希望しても入ることが難関であ…
続きを読む
「生きること」からの学び

「真理はそこへ至る道のない土地である(Truth is pathless land)」

クリシュナムルティの有名な言葉です。 思考は真理ではなく、真理とは言葉で説明できるものではなく、決まった法則(道)をもつものでもなく、近くもなく遠くもなく・・・。 この言葉の示すものの大きさを、このと…
続きを読む
クリシュナムルティ

クリシュナムルティとOSHO(ラジニーシ)を読んで感じたこと

結論から言うと、彼らもブロック(メンタルブロック)を外さないと“あるがまま”にはなれず、“真の創造”を行なうことはできないということに、合意するのではないかと思います。 やや乱暴な理屈にはなりますが、…
続きを読む
クリシュナムルティ

“創造”と“引き寄せ”と“あるがままの自分”

「心の空虚さを選り好みせず、非難したり正当化もしないで自覚したとき、そのあるがままのものの理解の中に、真の行為があるのです。そしてこの真の行為が創造なのです」(「自我の終焉―絶対自由への道 」) この…
続きを読む
クリシュナムルティ

「『自分でない者』になろうとしている『自分』」に気づく

このところ、再びクリシュナムルティにハマっています。 今日読んだくだりに “自分自身がある一定の条件と状況のもとに置かれていることを知ることが、すでに自己解放の過程にあるということ” とありました。 …
続きを読む