タグアーカイブ: 常識/社会通念

「生きること」からの学び

日本社会は高コンテキスト(文脈依存)と言いますが

少し前から「日本語教育能力検定試験」の受験勉強を始めました。しかし本質的に日本語という言語に関心がないためか、異文化理解や心理、異文化間教育といった周辺事情の科目のほうが面白く感じます(それらも物事や…
続きを読む
「生きること」からの学び

マインドを変えることによる“性格“や“価値観“の変更は可能だけれど“品格“を修正するのは難しい

旅に出てきます。よってメールの返信は10月中旬になります。訪問国に入国できなければ、もっと早く帰国することになりますが、いずれにせよ、素早い返信を期待しないでください。 さてマインドの設定変更、メンタ…
続きを読む
プチたまブロ

プチたまブロ(24)執着する人間関係の根底にはカルマがある―「スパルタカス」

おとといは、日帰りで東京出張。各地で連日のように「観測史上初」の気温が報告されているけれど、結局のところ、私の今住んでいるところのほうが暑い気がする。気温が高いのみならず、日差しが刺すようで皮膚に痛み…
続きを読む
「生きること」からの学び

プチたまブロ(22)子どもの理解力(公共の場所で騒ぐ子ども)

数日間、東京に出張。帰りに、懐かしの葉山で髪を切った。 そんな感じで出かけるときしか、公共交通機関には乗らない私。最近、こんな場面に出くわした。 ・幼稚園児を連れたお母さんたちが、電車で遠足の集合場所…
続きを読む
自分や他者を活かす

若い頃に『駆り立てられて走る』ことの大切さ~「シング・ストリート 未来へのうた」

「ONCEダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督による、「シング・ストリート未来へのうた」。 先の2作に比較すると、薄味な感じがするけれど爽快な映画。少年たちが主人公ということもあ…
続きを読む
「生きること」からの学び

その人の人生が透けて見える(3)~その人にとっての『自分の世界』

取り寄せていたダイニングのペンダントライトが届きました。 【まずはBefore】 ※特別出演:愛犬ニケ(16歳) 私は45年くらい使っていた、このヤマギワのライトの昭和感が大好きでした。しかし、現在は…
続きを読む
「生きること」からの学び

人生は自分を発見するためにある―平昌オリンピックに寄せて

昨日は、打ち合わせにて日帰り東京出張。 帰りの新幹線は、混雑する時間帯でしたので、グリーン車にしました。 グリーン車では、おしぼり(使い捨て)の配布があります。名古屋駅で、座席に放置していくのもどうか…
続きを読む