タグアーカイブ: 縁起/因果律

「純粋な意識」と「偽の意識」

地上に「無条件の愛」はない~イラン・アゼルバイジャンから帰国しました(3)

イランには素晴らしい歴史的建造物がたくさんありました。その中で私が特に気に入ったのは、イスファーハンのアルメニア系キリスト教会。 壁に言い伝えが描かれています。 イエス・キリストの教えを伝道しようと、…
続きを読む
「純粋な意識」と「偽の意識」

死を受け入れるための治療―ある俳優と家族の癌との闘いの記録

「スパルタカス」を、私はNETFLIXで観ました(「スパルタカス」について書いた記事はコチラ)。NETFLIXには、「スパルタカス」を演じて後、40歳で他界したアンディ・ホイットフィールドの闘病ドキュ…
続きを読む
プチたまブロ

プチたまブロ(24)執着する人間関係の根底にはカルマがある―「スパルタカス」

おとといは、日帰りで東京出張。各地で連日のように「観測史上初」の気温が報告されているけれど、結局のところ、私の今住んでいるところのほうが暑い気がする。気温が高いのみならず、日差しが刺すようで皮膚に痛み…
続きを読む
「純粋な意識」と「偽の意識」

プチたまブロ(23)「地震の発生」と「西城秀樹」

先日のこの記事(「つながりのなかに貴重な情報がある~大阪に大地震が来たわけですが」)は、以下の記事とリンクしていることに気づいたので、ここにそのポイントをまとめておこう。 「ものごとは『する選択』と『…
続きを読む
「生きること」からの学び

つながりのなかに貴重な情報がある~大阪に大地震が来たわけですが

6月19日早朝、玄関のドアを開けたら、ハトの羽根が落ちていました。 ここに我が家が住むようになって50年。私自身は途中30年を首都圏で暮らしましたが、記憶にある限り、私の体験としては、この家で初めての…
続きを読む
「生きること」からの学び

ものごとは「する選択」と「させられる選択」にキレイに分けられない(2)

私とニケ(2016年クリスマスイブ) さて「選択のあり方」につきまして。 ニケは16歳の割には元気な犬でした。 この4~6月というもの、私には回ってきた自治会の組長の役目があったし、元気とは言っても、…
続きを読む
「生きること」からの学び

ものごとは「する選択」と「させられる選択」にキレイに分けられない(1)

6月2日(土)朝5時55分、愛犬ニケが旅立ちました。16歳3カ月でした。死を覚悟する状態になってから、そして食べなくなってから10日目の早朝のことです。 6月1日の午後、玄関のアプローチにて。 苦しむ…
続きを読む
「生きること」からの学び

意識は思った以上に万能に近いかもしれないが、常に万能なわけではない

今年初めて、3年前に手元にやってきた、黒のクリスマスローズが咲きました。お花というのは、人間の心をワクワクさせる、何かをもっていますね。 さて、私も意識のクリアリングに関する仕事をしているひとりではあ…
続きを読む
「生きること」からの学び

選択なき死への道(4)~自己信頼と巡り合わせ

どんな苦境に立っても どんなに挫けそうでも 自分を信じ 選択し 可能性に賭けて 行動しつづける、 それが登山、登攀に挑む人達に 共通したメンタリティであるようです。   映画「運命を分けたザ…
続きを読む