これはタロットカードの写真です。

IMG_2083

カードのなかには、いろんな記号、図像があり、意味やパワーが象徴づけられています。

 

エターナルラブ瞑想(ELM/旧フルフィルメント瞑想)では

伝授の際に、マントラとヤントラを生徒さんに渡す、プージャを行ないます。

 

マントラは聖なる音

ヤントラはエネルギーの動きを

象徴した聖なる幾何学図像であり

ある意味で、このタロットカードのようなものです。

ただし、ヤントラを占い等に使用することはありません、念のため。

 

プージャを通して

マントラとヤントラに力が与えられます。

 

したがって

マントラを知っていて

ヤントラを目にしたとしても

プージャを受けていない方に

その効力がもたらされることはありません。

 

マントラの音が

特定の波動をもたらします(ハートマントラはハートマントラの、プロスペリティマントラはプロスペリティマントラの)。

 

それは種子として

伝授を受けた方のなかに蒔かれます。

 

ヤントラも同様です。

ヤントラは

視覚を通じて

「空(くう)」への道筋(エネルギーの通路)を開いていきます。

 

人間としての顕在意識では

ヤントラとは

線や色やマークのようなものから成る図像に過ぎません。

しかし

私たちの

深いところにある叡智には、その示すものが分かるのです。

 

伝授を受けた方は

瞑想の際

マントラの音

ヤントラの図像にとらわれることはありません。

忘れてしまっても構いません。

アタマでの理解も不要です。

表面的な意識につかまらないようにしてください。

 

オススメ関連記事: