旧フルフィルメント瞑想が

エターナルラブ瞑想(Eternal Love Meditation)へとグレードアップしました。

より詳しい情報は、コチラにあります。

 

いくつかあるマントラのうち

そのマントラで瞑想することで

「何が」 → 「どうなる」 という

現実面での変化が分かりやすいのが

旧フルフィルメント瞑想の特徴でした。

 

エターナルラブ瞑想(ELM)は

瞑想が、より宇宙的な視座となるため

 

三次元世界における

「何が」 → 「どうなる」 を

瞑想実践の期待効果として

求めている人たちが生きている場所からは

距離感のあるものへと、なっていくのかもしれません。

 

瞑想自体は

特別な人がする、特別なことではありません。

 

しかし

「空(くう)」から生きる

「空(くう)」として生きる

ということを

 

ある程度、先験的に分かっている人が

実践していくのが

エターナルラブ瞑想なのではないかと思っています。

(あくまでも私見です)

 

目先のご利益ありきの

「ご利益瞑想」ではなく

 

「本物のご利益」は

エゴマインドが求めるところにはなく

エゴマインドに理解できるものでもなく

「空(くう)」からやってくる

 

ということを、なぜか知っている人のための瞑想、

それがエターナルラブ瞑想(ELM)です。

 

ELMプログラムのマントラで瞑想していると、

そんなふうに感じます。

 

オススメ関連記事: