エターナルラブ瞑想(ELMプログラム)の第一歩は、ラブマントラから始まります。

旧フルフィルメント瞑想におけるそれは、ハートマントラでした。

 

「ラブ」と「ハート」は、何が違うのでしょうか?

(「ラブ」と「ハート」は、密接に関係しているような気もしますね)

 

ラブマントラは、より宇宙的視座に立った愛のマントラ。

ハートマントラは、より地球的視座に立った愛のマントラ。

そういう違いがあります。

 

もう少し詳しく、以下にまとめてみました。

  特 徴
ラブマントラ(ELMプログラム)  高い周波数、強いエネルギーが降り注ぎ、地上の集合意識が上昇する現在、三次元的な理解を超えたところで人々の準備を整える

(※ ELMプログラムのほかのマントラも同様)

 上記のような状況下で、ハートに中心を置くことの助けになるマントラである

 ラブマントラは 「振動する」。より活動的になる

 「ダイナミックな動き」 を感じる瞑想になりやすい

 人間や自然との関係において、より意識的になっていく(=より宇宙的になっていく)

 「宇宙的な愛」 の周波数(=マジェンタ)

 ハートマントラプロスペリティマントラの波動を含んでいる

 クリシュナとマハラクシュミ(ラクシュミ、サラスワティ、ドゥルガ、3人の女神の総体)に関わりがある

ハートマントラ(旧フルフィルメント瞑想)  三次元における、通常の人生のリズムに乗り、収穫を得るためのサポートとして効果を発揮する

(※ コアオブライフ・プログラムのほかのマントラも同様)

 上記のような状況下で、ハートマントラは、バランスをとり、「統合する」

 平安」 を感じる瞑想になりやすい

 「人間の愛」 の周波数(=ピンク)

 女神パールバティに関わりがある

オススメ関連記事: