ウチの犬ではありませんが、似ている気がして・・・。

6515ecd9861961bf5da863f2eeecc0ec_m

春先は

我が家の犬のような長毛犬

(かつては元旦から当たり前のように海で泳いでいました)にとっては、既に蒸し暑い日和であるようです。

 

胃がもたれるのか

散歩中に

草を食べることが多くなり

この春は今のところありませんが、胃液を吐くことがあります。

犬を飼っている人からしたら、驚くようなことでもなく、不健康な証ということでもありません。

 

しかし年を取ってきて

加えて

私がアレコレと考えているとき

犬がしゃっくりなのか、吐き戻す予兆なのか、ずっと引きつけたかのように

「ヒック、ヒック、ヒック、ヒック・・・」

と繰り返すことがあり、心配になります。

いつもあることではないのですが、一度「ヒック、ヒック・・・」が始まると、なかなか止まらないのです。

 

犬が年を取ってきた(御年13歳)というのも、その反応を生んでいる、肉体面の要因であるとは思います。

しかし、どちらかというと、私のエネルギーに反応しているようなんですね。

最近、夜の瞑想を終えて眠ろうとしたとき、愛犬の

「ヒック、ヒック・・・」

が始まったことがありました。

 

私は一応は就寝体勢なのですが、アタマの中で、あまりハッピーではない方向の考え事をしておりました。

そのままの体勢で、愛犬に観音ヒーリングを送りました。

 

すると

その「ヒック、ヒック・・・」が

面白いようにピタッと止まるんです。

 

静かになったので

また考え事を始めると、再び「ヒック、ヒック・・・」が始まります。

 

また観音ヒーリングを送ると、その瞬間からピタッと止まる。

これを何回か繰り返し、私の「愛犬と私の癒し検証実験」が完了しました。

 

ほかのことに気を取られ

気持ちに余裕がなくなり

愛犬が眼中にないとき

愛犬自身を通して

私に癒しが必要であるというシグナルを送ってくるようです。

 

そして、観音ヒーリングで、愛犬と私、どちらも癒される。

 

瞑想内で

観音マントラ(観音ヒーリング)を使うときは

もちろん腰かけますが

横たわりながらでも、十分にヒーリング効果があることがわかりました。

 

観音マントラの伝授を受けた方の感想をいただいております。

慈愛のエネルギーに満ちていて、いろんな使い方のできるマントラです。

 

オススメ関連記事: