深い睡眠状態にあるとき

私たちの代謝は4~8%低下すると言われています。

 

アメリカの研究機関において

実験したところ

瞑想状態に入ると

深い睡眠状態よりも代謝が低下することがわかりました。

 

瞑想中は

睡眠時よりも深く

身体が休息している状態にあることを意味しています。

 

深い休息に入ることにより

身体は自動的にストレスを解放していきます。

心身が調和する状態へのプロセスを歩み始めます。

 

瞑想を続けている人は

心身ともにリラックスし

表情が自然なものとなり

その方本来の輝きを放つので

そうでない人よりも若く見えることが多いようです。

 

睡眠よりも

深い休息を得られるため

「1日2回・30分」の

エターナルラブメディテーション(フルフィルメント瞑想)は

多忙で、活力を必要とする、現代人向けの瞑想法であるといえます。

代謝を急激に上げないよう、瞑想状態からは、ゆっくりと出てくることが大切です

 

オススメ関連記事: