瞑想の教師が、ときどき使う言葉として

「瞑想歴」

というものがあります。

 

「○○さんは、瞑想歴が長いので、『空(くう)』も大きいですね」

というような、使い方をされることが多いようです。

 

「瞑想歴」と言うと

 

Aさん → 3カ月

Bさん → 1年

Cさん → 5年

Dさん → 10年

 

だとしたら

Dさんの瞑想歴が最も長いことになります。

 

私の感覚では

Aさんと、Bさんと、Cさんと、Dさんの瞑想歴を比較したところで、実は何の役にも立ちません。

 

喩えとして、適切かどうかは疑問ですが

 

Aさん → 時速100キロで走る車

Bさん → 時速200キロで走る車

Cさん → 時速30キロで走る車

Dさん → 時速10キロで走る車

 

だとしたら

「Dさんは、時速10キロで10年間走ってきました。だから、遠くに行くことについての達人です」

と言えないのに似ています。

 

ここ1年で比較すると

Dさんより

Bさんのほうが長距離走行を達成しているし

Dさんの1年よりも

Aさんの、走り始めて3カ月の走行距離のほうが長距離です。

 

ゆえに、人と人とを比較するのに「瞑想歴」を持ち出すのは、本質において不適切です。

(ただし、ひとつの指標として、「瞑想歴」を参考にすることはあります)

 

 

瞑想の進み方は

持っている “素質” と “センス” によって違いが生まれると思います。

 

“素質” や “センス” は

質的な部分が非常に大きいので

走行距離という

数量にフォーカスした説明は

あまり好ましくないですね。

 

さて

競争するために

瞑想をするわけではありませんし

自分がどの進度/境地にいるのかは

自覚しがたいものですし

“素質” や “センス” を気にする必要はありません。

 

「瞑想歴」と表現するとき

その個人における

過去から現在までを意味すると

私は考えています。

 

そして

Aさんにとっての瞑想歴1年と

Bさんにとっての瞑想歴1年は

その内容や意味が

違ってきます。

 

時間の経過は

その人、その人によって

主観的に異なっている、というのと似ています。

 

オススメ関連記事: