重厚感に溢れるイエスの降誕教会

スポンサーリンク

金属の重厚感、光の採り方、濃厚な彩り、ベツレヘムにあるイエスの降誕教会は襟を正したくなる場所でした。金色とシルバーを多用しています。修復のために組まれた足場が印象に影響している面もあるかな。

当時パレスチナを支配していたローマ帝国の政策により、ヨセフの出生地であるベツレヘムに住民登録をするためマリアは身重で出向きます。その際に産気づき、イエスを出産しました。

イエスが生まれた場所に星があります。修復中なので白い布が垂れています。

星の周囲にはこんな絵や灯りがあります。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました