イスラエル12部族のステンドグラス

ユダヤ教

エルサレム郊外のエン・カレムにあるヘブライ大学付属ハダッサ医療センターにはシャガールの作品があります。

シャガールは、ロシアに生まれたユダヤ人だったそうです。シャガールは知っていますが、ユダヤ人であることは知りませんでした。彼は44歳のときエルサレムを訪れ、ユダヤ人としてのアイデンティティを確かなものとしました。イスラエル建国から11年後にステンドグラスの作成依頼があり、この作品を製作しました。

ユダヤ教は人間を描くことを禁じており、シャガールは異なるモチーフを使って12人を表現しました。何が描いてあるのか正直よく分かりません。この抽象度なので、人間を描いてもよく分からなかったのではないでしょうか。12部族網羅できているかな?

正面左から「ユダ族」「ザブロン族」「イッサカル族」。

正面左から「ダン族」「ガド族」「アシェル族」。

正面左から「ネフタリ族」「ヨセフ族」「ベンジャミン族」。

正面左から「ルペン族」「シメオン族」「レヴィ族」。

旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました