ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場に刻まれた美しい日本語

レジャー/文化施設

1946年から1947年にかけて極東から強制移送された数百名の日本国民が、このアリシェル・ナヴォイー名称劇場の建設に参加し、その完成に貢献した。

1500人収容のナヴォイオペラバレエ劇場。公演中で、なかを見ることはできませんでした。重さ1トンのシャンデリアなど、非常に壮麗であるそうです。

ここの建設にあたり、旧日本兵が強制労働に従事しており、そのことに触れた文章が上記です。なにがどう、というようなものではないけれど、いい文章だと思いますね。

地震のときビクともしなかった、と言われています。

キルギスのサナトリウムでも日本兵の捕虜が建設に従事しており「日本人の建てたものは壊れない」という共通した評価を得ているようです。

ガガーリンが過ごしたサナトリウムを見学
ゲストハウスの近くに旧ソ連軍のサナトリウムがあるというので見学させてもらいました。宇宙から帰還したガガーリンもこちらで静養したそうです。日本人捕虜が作った建物もありました。
旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました