バンクーバーへ行くつもり。しかし仁川でエジプト旅行の思い出を語る

スポンサーリンク

今は仁川にいます。

バンクーバーへ向かうフライトまで2時間弱あるので、28才くらいの頃、友達とふたりで出掛けたエジプト旅行について書くことにします(アイキャッチ画像のピラミッドはそのときに撮影したもの)。

あのときはブリティッシュエアウェイズ、ロンドン経由で行きました。その当時、私はブリティッシュエアウェイズが大好きでした。イギリスへ行ったときもBAを使いました。

昔のほうが、いい航空会社を使ってましたね。お金があったのかしら。忘れましたけれど。とりあえず、とても忙しく働いていましたからね。それなりの稼ぎがあったのでしょう。

飛行機に乗ったら突然、高熱が出てきたんです。

経由地ロンドンを発つ頃にはヘロヘロで、カイロに向かう機内から窓の外を見たのです。そしてU.F.Oが飛行機に平行して飛んでいることに気づきました。

相当熱が上がっているなと思い、友達に「あれ、U.F.Oに見えるんだけど」と指を指すと「うん、U.F.Oだよね」と彼女も言いました。

しばらくするとU.F.Oは姿を消しました。

次第に喉が熱く焼けるようになっていきました。普段健康なほうなので「これは風邪なのかな」と怪訝に思いつつもカイロに到着。

宿泊したのは川沿いのイスラミックなホテルで、定刻に川の向こうから「なんちゃらかんちゃら~」というコーランが聞こえてきます。

そのホテルの1階に土産物屋があり、絵葉書を眺めていました。

店のおじさんが「その葉書は素晴らしい。1枚いくらだ(具体的な金額は忘れました)。10枚買ったらオマケする」的なことを言ってきたとき、人生の先にも後にもこんなキョーレツな痰が喉にお出ましになったことはないという状態に陥り、窒息死寸前となりました。

さらっと書いていますが、こんなところで、こんなことが原因で死ぬのかと思いました。今ならともかく、当時は一応うら若き女性だったわけですから。

「こんなところで死ねるか!」と命をかけて咳き込んだところ、その痰が取れて命拾い。

それっきり何もなかったかのように熱が下がり、喉の痛みや腫れも治りました。飛行機に乗った日とカイロに着いた日、2日で完結。

残された日々、カイロとルクソールを観光して帰りました。

ということで、この話はおしまい。

喉が乾いたので何か買ってきます。

カイロのホテルからの夜景。向う岸へ渡る橋を目印に Google Map 上を探してみましたが「絶対にこれだ」というホテルを見つけられませんでした。1993年2月の写真なので仕方ないですね。約30年前、既にあったホテルですから、建て直したりリノベしたりしていて当たり前と思います。

1993年エジプト旅行のその他写真はコチラ。

1993年当時のエジプト
「フィルムで撮影 ⇒ 現像」時代の写真からピックアップしました。
旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
今はじっとしている旅人
井上 あつこ

・マーケティングリサーチャーで日本語教師

・海外旅行とDIYリフォームが大好き

・メールは コチラ から

井上 あつこをフォローする
人生&旅トークエジプト
スポンサーリンク
わたしの旅行貯蔵庫 + 海外ドラマ + たまに日本語教育
タイトルとURLをコピーしました