マルコ・ポーロも訪れたタブリーズのバザール

スポンサーリンク

このバザールで蜂蜜と薔薇のジャムを買いました(蜂蜜は失敗した感がありますが150円くらいだったので痛手は小さいと思われます)。

ドライフルーツ屋さんではみなさん、ビスタチオを購入されていました。私はビスタチオをあまり食べないので買っていません。

オリーブ屋さん。ハチの巣も売られています。絨毯屋さんも、もちろんあります。

多岐にわたった商品を扱っていて貴金属もあります。

イランはインフレが進んでいるので、貨幣をもつのではなく、金(きん)に替える人も多いそうです。

チーズが好きな私は、チーズばかりを撮ってしまいます(笑)

またイランの羊のおいしさの秘密はしっぽの大きさにある❗ということを知りましたので、その写真も載せておきます。

細かなところの作りに、重ねてきた歴史が感じられます。現在の建物の原形となっているのは、15世紀頃に作られたものだそうです。

迷路のようなバザールから外に出るとこんな感じです。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
今はじっとしている旅人
井上 あつこ

・マーケティングリサーチャーで日本語教師

・海外旅行とDIYリフォームが大好き

・メールは コチラ から

井上 あつこをフォローする
街並み世界遺産イランタブリーズ
スポンサーリンク
わたしの旅行貯蔵庫 + 海外ドラマ + たまに日本語教育
タイトルとURLをコピーしました