風の縁shopさんから、「金印えんめい茶」と「えんめい茶」が届きました(第3弾)

土地の産品通販

屋久島×長崎県五島「屋久島 銘水うどん(8袋)」と「さば節」を購入した際、期間限定プレゼントで付いていた「えんめい茶」がとてもおいしかったので、「えんめい茶」と「金印えんめい茶」を購入しました。

「えんめい茶」は、クマザサ(冬眠から目覚めた熊がまず食べるそうです)、ハトムギ、クコ葉、エンメイ草(弘法大師が愛用したとか)、エビス草(ハブ茶)などをブレンドしています。お味はハトムギ茶に近いです。普段使いの印象です。

黒姫和漢薬研究所「えんめい茶 2箱セット」 - 風の縁shop
セット内容 えんめい茶 420g(ティーバッグ 5g×84包)の2箱セットです。風の旅行社とえんめい茶との「うん・めい」の出会い縁shopで新たに販売するのは、長野県黒姫高原にある黒姫和漢薬研究所の「えんめい茶」です。そ

「金印えんめい茶」は「えんめい茶」に三七人参、高麗人参、霊芝、エゾウコギ、紫イペ(アマゾンの先住民も煎じて飲んでいるそうです)、キャッツクロ―などを加えています。お味はときに「えんめい茶」よりやや甘く、ときにやや苦く、薬草っぽさが加わっていました。こちらはゆっくり過ごす休日などに飲みたい感じです。

日本人唯一のチベット医で「森のくすり塾」を主宰する小川康さんのゆかりある、黒姫和漢薬研究所の製品です。

うちの玄関に飾ってある、薬草類を描いたチベットのタンカです。

旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました