驚異のチームプレイと身体能力-「チアの女王」の陰にあるもの

スポンサーリンク

「チアの女王」に登場しているジェリー・ハリスが、児童ポルノの所持で逮捕されてしまいました。

「チアの女王」自体は、かなりよいドキュメンタリーだと思っています。NETFLIXに加入しているならば「ぜひ見て」とお勧めしたい作品です。

アメリカのテキサス州にあるナバロカレッジのチアリーディング部には、国中から優秀なチアの選手が集まってきます。オールスターレベルの選手が多いのですが、プロフィールはいろいろで、家庭的に恵まれた順風満帆な人たちばかりではありません。

アルコール、ドラッグ、暴力沙汰で刑務所行き一歩手前だった女の子(レキシー、マスタータンブラー)が、驚くような身体能力の高さに磨きをかけ、並外れて厳しい練習の日々を頑張りぬき、最終的に主役級の役割を果たします。努力以前の才能も必要で、ただの不良少女だったらありえなかったと思いますが、かなり荒れた思春期であったことは確かです。チアを続けるにはレッスン代、衣装代や遠征費など、とてもお金がかかります。レキシーはお金を払ってチアを学んだことがないそうです。高校を中退していて、それなりの手続きは踏んだのでしょうが、ナバロカレッジに入ることができました。それだけ突出した素質と能力があったのでしょう。

ある日親に捨てられ、トレーラーハウスで兄と暮らしていた可憐な女の子(モーガン、トップフライヤー兼タンブラー)もチアを通じて自分を発見し、技と限界を極めていきます。自分が必要とされているのかどうかがわからない、コーチのモニカの期待に応えたい、という言葉に、ネグレクトされて育った子どもの特徴が垣間見られ、複雑な心境になります。

ゲイであることでイジメられ、孤立感に苛まれ、感情のコントロールがうまくできなくなった黒人の青年(ラダリウス、スタンター兼タンブラー、母はドラッグで服役)も出てきます。

しかしジェリー・ハリスに少年愛の性癖があることは描かれていませんでした。それも当然。犯罪の範疇に入りますから。ジェリーは愛嬌があり、チームのムードメーカーでしたが、同時に「児童ポルノの所持で逮捕」と聞いても違和感のない雰囲気をもっていました。貧しい母子家庭育ちで、母親(のちにガンで死去)が苦労してお金を稼ぎ、彼にチアを続けさせました。

一方で、子どもの頃からスター選手、SNSのインフルエンサーでもある女の子(ガビ、フライヤー兼タンブラー)も出てきます。家族は彼女をアイコンとしたネットビジネスのマーケティングで生計を立てています。子役タレント出身みたいなものですから、お金はあるんでしようね。遠征も多かったでしょうし、ナバロカレッジに所属するようになるまで、ずっとホームスクーリングで育ってきました。彼女はナバロカレッジで初めて、集団での学生生活を送ることになります。

日系人と思われる女の子(アシュリー・サワイ)も怪我に泣きますが、トップクラスのプレイヤーとして登場します。

「チアの女王」、一見花形のスポーツ(あの激しさ、怪我の多さはスポーツ以外の何ものでもない)に自分を捧げて燃焼する、若者たちの光と影の記録です。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
今はじっとしている旅人
井上 あつこ

・マーケティングリサーチャーで日本語教師

・海外旅行とDIYリフォームが大好き

・メールは コチラ から

井上 あつこをフォローする
映画・ドラマアメリカ
スポンサーリンク
わたしの旅行貯蔵庫 + 海外ドラマ + たまに日本語教育
タイトルとURLをコピーしました