世界遺産

ユダヤ教

夜、嘆きの壁へ

男性は男性のバス車両、女性は女性のバス車両に分かれて乗車して嘆きの壁へ来ていました。
街並み

女神クマリの化身とされる少女の手

ここから先は記録がまばらです。記憶もまだらです。ルクラまで戻って宿泊、カトマンズへ飛んで1~2泊して観光というのがざっくりした流れです。
タイトルとURLをコピーしました