いくつもの橋を渡りジョルサレの関所へ

スポンサーリンク

山はね、いいですよ。汗タラタラの息フウフウでも、行かないよりは実際に体験しておいたほうがいいです。今日の行程はこんな感じ。パクディン(2640m)を出て、モンジョ(2815m)を経由してジョルサレ(2805m)に向かいます。上ったり下りたりを繰り返しトータルで165mの上昇です。

パクディンのゲストハウスを出発します。

この行程では橋をいくつも渡りました。橋を渡るということは川があり、ところによりますが水が豊富ということです。水を見ると気持ちが落ち着きます。橋は幅が狭いので、荷物を運ぶ人・動物の通行が優先されます。右下の写真、橋からたなびいているのは、トイレットペーパーではなくタルチョ(チベット仏教の五色の祈祷旗)です。

写りが良くないですが、こんな感じの滝がいくつかありました。

これはちょっと謎なのです。家畜を追い込む道かなあと思います。

モンジョ辺りでティータイム。こういう自然に囲まれての休憩時間は天国のようです。その後さらに進んでいきます。ジョルサレには関所みたいなところがあります。ここから国立公園となりますので、許可証を見せて国立公園入域料を支払います。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました