アゼルバイジャンは産油国なのだ

自然(山・湖・海・動物)

イランからアゼルバイジャンへ入国し、そこはかとなく漂う金持ち臭。

なお国が金持ちなのであって、国民のすべてが金持ちなわけではない模様。

石油を掘り掘り、アゼルバイジャン。とにかく掘っています。

海岸沿いには塀が設けられていて、石油関係の美しくない施設、設備を隠すためだそうです。

気にしない国はそんなことを気に留めないと思いますが、アゼルバイジャンにはそういった施設が「美しくない」という感覚があるんですね。

旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました