コロナワクチン打ちたくない、というか打たないけれど

人生&旅トーク

ワクチンパスポートが2021年7月26日から発行される予定です。

ワクチンパスポートは、コロナワクチンを接種済みであることを公的に証明するものです。海外との往来時の利用を想定されています。2021年7月26日に申請と発行が開始されます。

・ワクチンパスポートは、コロナワクチンを接種済みで、海外渡航の際に証明が必要な方のみが申請可能です。

・国内で接種済みの証明が必要な方は、「接種済証」または「接種記録書」を利用できます。

(出典:Yahoo!くらし>くらしの手続きまとめ>ワクチンパスポート(接種証明書)

私はワクチンを打つつもりがありません。理由は以下の通り。

  • 変異種が続々と生まれ、継続的な効果が期待できない
  • 治験段階であるため、副作用で重篤な状態になっても保障されない
  • 予防接種をしなくてもインフルエンザに罹ったことがなく、コロナに罹る気がしない

どの製薬会社のワクチンかで異なるのかもしれませんが、遺伝子に影響を与えるという話も聞いていて表現しがたい気持ち悪さもあって私は接種しません。しかし接種する/しないについては、どちらかがどちらかを説得するようなものではなく、自由に選択すればよいことだと思います。

ワクチンを打っていないことが、海外旅行において将来的なハードルになるとしたら残念なことです。打たなくても苦労なく渡航できるようになるまで待つしかないですね。

ワクチンパスポートが適用されるエリア等の詳細については、こちらをご覧ください。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について
旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました