バクー「黒い一月事件」に関するモニュメントから望む

バクー

「黒い一月事件」で亡くなった人達。

「黒い一月事件」とは「1990年1月、ソ連軍がアルメニア人保護を名目にアゼルバイジャンの首都バクーに侵攻。無差別に発砲し、市民100人以上が殺害された」というもの。

・アゼルバイジャンはイスラエルやトルコなどと良好な関係にある、アルメニアとはそうではない。

・イランはアメリカと仲が悪いが、その隣国のアゼルバイジャンはアメリカと仲が悪いわけではない。

隣国関係には、いろんな国際政治事情や紛争が絡んでいて厄介ですね。

右上:新しいビル群を建設中のバクー。手前にある、海に面したところにあるロールケーキのような建物が絨毯博物館です。今回見学はなし。

右下:向かって右の方角がイラン国境で、そちらの方から私たちはやってきました。

旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました