田舎のホテルには古くても資産&よさがある

スポンサーリンク

イランを出国し、アゼルバイジャンへ入ります。

その前泊がアスタラの エピナスホテル。

日本でも地方の観光地などにあるタイプのもので、まずは施設として古いです。

Wi-Fiのつながりが悪く、インターネットを思うように活用できませんでした。

しかし朝食がおいしく、蜂の巣とクリームを混ぜて食べると最高です。このデザートは、タブリーズで出会って以来、病みつきになってしまいました。ナンも焼きたてを食べることができます。

朝食がおいしいというのは、豊かな過去や資産をもっているホテルの証と思います。

ホテルの前には湖があり、ちょっとした散策ができます。鳥もいます。古きよき時代のゆとりを感じさせるホテルです。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました