まずはカシュガルの家畜市場へ

スポンサーリンク

お腹がいっぱいになったところで、家畜市場へ向かいました。

生きた家畜の売買がされています。

家畜に使用する道具も売られています。

ケバブを食べさせる露店もあります。露店では、新鮮な羊肉を調理していまして、店の軒先には、当たり前、ごく自然な感じに、切断された羊の頭や足などが積んであります。

羊は目を開いていますし、最初は「オーマイガッ(@ ̄□ ̄@;)!!」と思いました。

しかし私は普段、牛も豚も鶏も、たまには羊や鴨もウサギも猪も食べているんです。…ということに気づいたら、自分が当事者ではないかのように騒ぐマインドはなくなり、視界のなかで空気となった頭や足の脇で、ケバブをご馳走になってきました。とても美味しかったです。

人間って勝手な生き物といいますか、想像以上に柔軟な生き物といいますか、自分にとっての「普通」の定義はいつでも変えられます。ここの人たちにとっての家畜や肉、そして日本におけるそれらでは、いろんな位置付けが違うんでしょうね。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました