アルダビール郊外のシェイフ・サフィーオッディーン廟はゴージャス&神秘的

スポンサーリンク

サレイン温泉を出てアルダビールのシェイフ・サフィーオディン廟へ。

「地球の歩き方」によれば、「シーア派の神秘主義教団であるサファヴィー教団の祖」の霊廟とのことです。

彼の子孫のエスマーイールはシャーを名乗ってサファヴィー朝を開きシーア派を宣言、イランの国教とした。

地味にアルダビールにありますが、イランにとってとっても重要な遺跡です。世界遺産です。

この霊廟も豪華絢爛なうえに精緻な造りで、どの部屋を見ても非常に美しいです。

ドームにつながる部分に陶器の形の穴ぼこがあります(今まで見たモスクなどにもありました)。ここには実際に贈られた陶器が嵌め込まれていたそうですが、地震が来たら相当怖いことになっていたでしょう。

旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました