アブドゥールハシム・メドレセの職人工房へ行った

手仕事・ものづくり

アブドゥールハシム・メドレセの向かい側には美しいモスクがあり、各国のコーランも展示されています。

19世紀には神学校で、中庭を囲む学生用の部屋のほとんどが、今や職人たちの工房となっています。トラディショナルな作風からモダンなものまで、ショップごとに趣向が違っていて、特に女性が好みそうなところ。特に新進気鋭の作家が集まっているという印象です。

ザクロの刺しゅうをしています。

ここで2枚目のスザニを購入。「私が半年かけて製作した」と熱弁を振るうお姉さんから、200ドルで買いました。ベッドカバーにしようと思います(実際には壁掛けになっています)。

ザクロは豊かさの象徴、図柄にはいろいろな意味があります。

綿よりは、絹のほうが値段が高く、さらにアンティークになるとかな~りお高いてす。

青いスザニを買ったとき、作家さんがオマケでくれました。10ドル相当の品だそうです。生命の木でしょうか。よく分かりません。

旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました