海外ドラマ「ブレイキング・バッド」に見る「因縁正起」

映画・ドラマ

肺がんを宣告された高校の化学の教師が「家族に財産を残すこと」「自分に要する高額の治療費を作ること」を目的として、社会からドロップアウトしている元・教え子と協力しあって、低所得者向けの覚せい剤を製造・販売することを決める、というところからスタートするお話です。

とても評価が高い作品のようですが(確かに、ものすごく面白い。教育的とは言えないけれど)まさに「因縁正起」の世界を表現し切っています。

脚本(シナリオ)とは、すなわち「因縁正起」に他なりません。「因縁正起」(仏教用語)とは

  • 原因があるから、結果が生じる
  • しかし、原因だけでは結果に至ることはなく(≒至ることができず)、「因に縁が触れる」ことによって現象化する

種子がなければ花は咲かない。でも種子だけあっても「花が咲く」という現象を生むことはない。「種子」→「開花」のプロセスには、水や空気や適切な温度などが関わってきます。「開花」のプロセスに関わってくるのが「縁」。

例えば反社会的である、社会に順応できないという因(カルマ)を持っている人がいるとします(色情のカルマでも、何でもよい)。でも、その因子のみでは、種子を内包しているだけでは、社会不適合者(または色情に堕ちた人生)になるとは限りません。

社会や不特定多数の他者と関わり、縁が生まれることでその種子が発芽します(その関わりとは、必ずしもリアルな行動同士を結ぶものとも限らない)。関わりがどうであるか、その質によって発芽した種子の成長の仕方や、表れ方も異なってきます。

このドラマは、俳優陣も上手いけれど、脚本が素晴らしいです。

登場人物には、それぞれの因(カルマ)があります。また各家庭にも特徴的な因(カルマ)があります。それらの因(カルマ)に、やはり因(カルマ)をもつ、いろんな人が相互に関わることにより、それぞれが見事なカルマの花を咲かせます。

A ⇒ B ⇒ C(AがBにつながり、Cに至る)というような単純なものだけでなく

[第1連鎖]A ⇒ D ⇒ E

[第2連鎖]B ⇒ F ⇒ G

[第3連鎖]C ⇒ H ⇒ I

といった伏線が『蜘蛛の巣』のように張り巡らされ、それがさらなる縁を生み、それがさらに別の因(カルマ)に触れて各種の派生的なドラマを生んでいきます。この『蜘蛛の巣』の作り方が、実に見事です(日本のドラマも見習って欲しい)。

因(カルマ)と縁を上手に配置し、つなげて立体的にしていく能力の優れた人が、素晴らしい脚本家として完成度の高い世界を表現するのではないかと思いました。

それはさておき

  • これを決めなければ/行動に移さなければ、このようにはならず
  • このようになったからこそ、次の選択があり、今このようにある

という 『蜘蛛の巣』 ドラマを生きているのが私たちです。

「因縁正起」のシナリオに従って生きているのが人間であり、それこそが人生を面白く、奇跡・奇遇の嵐にしてくれます。なので私は「因縁正起」を悪いものと思いません。それを超越したところでは生きられないし。

どういう 『蜘蛛の巣』 を張るかについては縁起(≒相互作用)の世界であるから、ある程度の自由度があり、そこに起きる体験を選択することができるように感じます。

旅行は喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました