「ボッシュ:受け継がれるもの」シーズン1、エピソード1~2のあらすじ&感想

スポンサーリンク

マイクル・コナリー原作のロサンゼルス市警察刑事ハリー・ボッシュを主人公とするミステリー小説「ハリー・ボッシュ・シリーズ」のテレビドラマ化作品「BOSCH/ボッシュ」のスピンオフ作品が順次リリースされています。

ロサンゼルスが舞台の都会派刑事ドラマ「BOSCH/ボッシュ」ハリーの家だけでも一見の価値あり
マイクル・コナリー原作のロサンゼルス市警察刑事ハリー・ボッシュを主人公とするミステリー小説「ハリー・ボッシュ・シリーズ」をドラマ化した作品。Amazon Original のドラマとして良作です。

この5月は毎週のように「ベター・コール・ソウル」と「ボッシュ:受け継がれるもの」の配信があるので嬉しいです。少しずつ、各エピソードのあらすじと感想を投稿していきます。

「ボッシュ:受け継がれるもの」のオープニングテーマが、「BOSCH/ボッシュ」の “まったりとしたムーディーな夜” の感じからは打って変わり、アップテンポの曲になっていて「おっ」と思います。

エピソード1(新しい人生)

ハリー・ボッシュは私立探偵になり、娘マディは新人警官として働いています。ハリーは昔取った杵柄で、仕事の声がいろいろかかります。一方、マディは先輩警官にしごかれ、容疑者と格闘する日々。

「BOSCH/ボッシュ」で撃たれたチャンドラーは回復し、弁護士の仕事へ復帰します。医師殺しで逮捕されたホームレス、ジェフリーの弁護です。ハリーは、かつてチャンドラーのインターンを務めた娘マディに頼まれ、チャンドラーのために裁判で証言しますが、番狂わせが起こります。また、カール・ロジャース(殺し屋を雇っての殺人ほか、チャンドラーが撃たれたこと、マディを狙ったことについて指示を出していたヘッジファンド経営者)に対する再審が暗礁に乗り上げます。

ハリーは高齢の大金持ちヴァンスに雇われ、かつての恋人を探しますが、かなり以前に自殺していることが分かりました。当時、彼女は妊娠しており、お腹の子どもがその後どうなったのかを調べることをハリーは提案します。

そしてなんと、ハリーのあの素敵な家が地震で壊れます。素人目に見ても、傾斜にあって、建物を下から支えている柱(足場の金属管みたいなもの)が細すぎて、強度を期待できそうにありませんでした。「やっぱり壊れるんだ」と地味に納得。耐震補強が必要ですね。ハリーは一時的に別のところに住まいます。

エピソード1は、この先のストーリー展開に必要な伏線配置、それぞれのスタート位置が示されたという印象です。

エピソード2(危険な来訪者)

億万長者ヴァンスが私立探偵ハリーを雇ったことで、子どもがいないはずのヴァンスの死後相続について警戒心を抱く利害関係者。彼らはハリーの動きを監視しようとします。ハリーはヴァンスの子どもを探すにあたり、架空の人物を上手に演じて情報を当たっていきます。刑事や探偵たるもの、綻びの出ない人物像を設定し、上手に演技できることが大切であると改めて感じました。

新人警官のマディはいくつかの失敗もあって苦労が絶えません。ドラマで観る限りではアメリカの現場担当の警官とは大変な職務ですね。デスクワーク寄りの仕事(手続き担当等)ならばともかく、大柄な犯罪者相手となると、女性であっても心身が男性並みにタフでないと務まりません。マディは細い身体で頑張っています。

ロシアからギャングたちがやってきます。どうもカール・ロジャース(チャンドラーやマディの襲撃を指示したヘッジファンド経営者)周辺の人物のようです。

出演者メモ

スティーブン・A・チャン(モーリス・バッシ役)

「ボッシュ:受け継がれるもの」からの新キャラで、ハリーの捜査を助ける技術屋。私立探偵として独立したハリーは、信頼できる自分の協力者を育てていかねばならない。今の時代、テクニカルな専門性を担う役割が必要で、この手のドラマでは欠かせない存在

技術屋モーリス・バッシの出番は今のところ比較的多いのだが、演じるスティーブンに関する情報は少ない。アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれの俳優兼プロデューサーとのこと。「シェイムレス」に出演しているらしい

各登場人物が、それぞれに日々淡々と何かを進めています。

「ヴァンスの子どもはどこで何をしているの?」という疑問を抱かせ、一方でロシアからやってきたギャングたちの次なる動きに関心を惹きつけるのが、エピソード2の主たる役割と思われます。

「ボッシュ:受け継がれるもの」シーズン1、エピソード3~4のあらすじ&感想
「BOSCH/ボッシュ」のスピンオフ作品、エピソード3(希望のメッセージ)とエピソード4(パイプライン)のレビュー&感想です。
「ボッシュ:受け継がれるもの」シーズン1、エピソード5~6のあらすじ&感想
「BOSCH/ボッシュ」のスピンオフ作品、エピソード5(窮余の策)とエピソード6(非情の銃弾)のレビュー&感想です。
「ボッシュ:受け継がれるもの」シーズン1、エピソード7~8のあらすじ&感想
「BOSCH/ボッシュ」のスピンオフ作品、エピソード7(もつれる糸)とエピソード8(血族)のレビュー&感想です。
「ボッシュ:受け継がれるもの」シーズン1、エピソード9~10のあらすじ&感想
「BOSCH/ボッシュ」のスピンオフ作品、エピソード9(黄金のペン)とエピソード10(襲撃)のレビュー&感想です。
旅行は人生の大きな喜び(^^)v
ランキングに参加しています。
応援をお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
今はじっとしている旅人
井上 あつこ

・マーケティングリサーチャーで日本語教師

・海外旅行とDIYリフォームが大好き

・メールは コチラ から

井上 あつこをフォローする
映画・ドラマアメリカ
スポンサーリンク
わたしの旅行貯蔵庫 + 海外ドラマ + たまに日本語教育
タイトルとURLをコピーしました