[実話ベース]スリラー/サスペンス

スポンサーリンク

ドラマ・映画を見るだけで、私は世界を旅行した気分になれます。枠内のタイトルをクリックすると、その作品に関する投稿へ飛びます。ドキュメンタリーは「ドキュメンタリードラマ&映画」に整理しています。

  • 内容:実話に基づく作品。1983年に終わりを告げたアルゼンチンの軍事政権が、7年の間に、反体制派とされる人々を誘拐、尋問、殺害した国家テロ事件を裁いた1985年のフンタス裁判を取り上げた映画
  • 舞台:アルゼンチン
  • 内容:理想のマイホームを手に入れ、ニュージャージー州にある美しい郊外ウェストフィールドのプルーバード657番地へと引っ越してきたブラノック家。“ウォッチャー” を名乗る不審な手紙を受け取り、家では不可解な出来事が起きる(実話が基本で、一部がフィクション)
  • 舞台:アメリカ(ニュージャージー州)
  • 内容:ホロコーストに関わった収容所幹部を戦後ドイツ人自身が裁く、1963年のフランクフルト・アウシュビッツ裁判開廷までの物語(実話が基本で、一部がフィクション)
  • 舞台:ドイツ、イタリア
  • 「コリーニ事件」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:看護師チャールズ・カレンの勤務する病院では患者の不審死が相次いでいた。病院はその事実を隠匿しようとする。警察と同僚看護師エミリーは彼の犯行の詳細と動機を探る
  • 舞台:アメリカ(ペンシルバニア州、ニュージャージー州)
  • 「キラーナース:その狂気を追跡する」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:実話に基づく映画。原題は “Just Mercy” で「黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪」が原作。冤罪の死刑囚を助けることに奔走した黒人弁護士ブライアン・スティーブンソンの物語
  • 舞台:アメリカ(アラバマ州、ジョージア州、デラウェア州)
  • 内容:ドラマ作者の育った集落で起きたふたつの殺人事件に着想を得た作品。炭鉱労働者のストライキを巡る、集落の過去から今に至るまでの人間社会の歪みが描かれる。炭鉱集落に潜入していた特別デモ捜査班(SDS)の捜査官が、任務を解かれた後も村人として暮らし続けているという噂と事件の接点を探っていく
  • 舞台:イギリス
  • 内容:ペルーの極左武装組織センデロ・ルミノソ(Sendero Luminoso、“輝ける道” の意)の、党首アビマエル・グスマンを警察が追う。「この国に未来はない」と考えたペルー国民の国外移動が相次ぐなか、葛藤しつつも命がけの潜入捜査を行った男女ふたりの警官を中心にグスマン逮捕までを描いている
  • 舞台:ペルー
  • 内容:アジアを舞台として旅行客に薬物を飲ませ、金品やパスポートを奪って殺害していたフランス人アランと妻モニク、手下アジャイらの暮らしと結末。実話のドラマ化
  • 舞台:タイ、ネパール、インド、パキスタン、フランス、アフガニスタンなど
  • 内容:2010年に実際にあった事件。資産家の夫婦の4歳になる娘が失踪。9日後にベッドの枠とマットレスの間から遺体となって発見される。失踪から遺体発見の間に、そのベッドで就寝した人物、こしかけて取材を行った人がいるが、気配すら感じておらず、遺体は存在していなかったと思われた
  • 舞台:メキシコ
  • 内容:1968年から1974年にかけて、カリフォルニア州で若いカップルを中心に連続殺人事件が発生。犯行後に「ゾディアック」を名乗る人物が警察やマスコミへ犯行声明文を送りつける。実話の未解決事件の映画化
  • 舞台:アメリカ(カリフォルニア州)
  • 内容:第二次世界大戦中、9日間に860隻の船舶が急遽手配され、331,226名の兵をフランスのダンケルクから救出。この “ダンケルクの小さな船たち” には民間の船が緊急徴用され、兵を浜から沖で待つ大型船へ運んだという史実をベースにしたサバイバル・スリラー
  • 舞台:フランス、イギリス
  • 内容:お金がなく素行もよくないダニエル・レジェは、筋のよくない組織への借金のかたとして、ある仕事を請け負う。その結果、タイの刑務所に収容される。罪状ならびにタイでの服役は、祖国カナダの警察に仕組まれたものだと語るダニエルに対し、記者マラレクは立ち上がる
  • 舞台:カナダ(トロント/モントリオール)、タイ(バンコク)
  • 備考:「裏切りの影」「THE MOLE/ザ・モール」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:出会い系サイトを通じてジョンと知り合った裕福な経営者のデブラ。彼女の子どもたちは交際に反対するが、ふたりは急速に関係を深めていく。そしてジョンの恐ろしい側面が少しずつ明らかになっていく
  • 舞台:アメリカ(カリフォルニア州、オハイオ州)
  • 内容:1978年から1991年の13年に亘り、オハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年が殺害された。その犯人 “ミルウォーキーの食人鬼” と呼ばれたジェフリー・ダーマーの生涯と事件のドラマ化
  • 舞台:アメリカ(オハイオ州、ウィスコンシン州)
  • 内容:埼玉県で1993年に起きた「愛犬家連続殺人事件」に着想を得た作品。映画は静岡県の熱帯魚店が舞台
  • 舞台:日本
  • 備考:「怖い間取り」「犬鳴村」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:1994年、ティフアナ郊外で遊説中だった大統領候補ルイス・ドナルド・コロシオ(制度的革命党・PRI)が銃殺される。政治的意図によって仕組まれた殺害と見られるが、強引に葬り去る方向へと強い力が働く
  • 舞台:メキシコ
  • 内容:1980年代の南アフリカ。アパルトヘイト政策が行われていた頃、若い白人の刑務所看守レオンは、ミニバスで移動中の7人からなる非武装の黒人男性を銃殺。彼の事件を担当するイギリス生まれの弁護士スティーブは、被告レオンの犯罪がメンタルの過重な負荷となる職務や心理的外傷の結果であることを証明しようとする
  • 舞台:南アフリカ
  • 備考:「偽りの銃弾」「search/#サーチ2」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:ニューヨークのセントラルパークで起きた悲惨な事件。有色人種の5人の少年が逮捕された。彼らの冤罪が証明されるまでの軌跡を描いた物語
  • 舞台:アメリカ(主にニューヨーク)
  • 内容:2008年に起きた、イスラム原理主義者たちによるムンバイ同時多発テロ。タージマハル・ホテルにいた人たちと、彼らを守るために手を尽くしたホテルマンたちの4日間を描く
  • 舞台:インド
  • 内容:若き医師サイモン・ジョーダンは、カナダにある懲治監を訪れる。その目的は、殺人罪で収容されているグレイス・マークスの報告書を作成することだった。マーガレット・アトウッドによる、実話ベースの小説のドラマ化
  • 舞台:カナダ、アメリカ
  • 内容:女性警察官ロサ・ペラルのパートナーであるペドロ・ロドリゲスの遺体が燃えた車のトランクから発見される。彼女は美しく、性的に放縦で多数の男性と肉体関係があり、話術も巧みで人を惹きつける魅力の持ち主だった。さてペドロを殺したのは誰なのか
  • 舞台:スペイン
  • 備考:「ロサ・ペラルの独白」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:通りすがりに新米警察官カーワを助けた特殊部隊(SWAT)のジャーセム少佐は、その場で彼をメンバーに加える。SWATに加わるには条件があり “ISIS(ダーイッシュ)に身内を殺されている” というもの。彼らには独自に定めた最後の任務があった
  • 舞台:イラク
  • 内容:アメリカ同時多発テロ事件への関与を疑われ、米軍グアンタナモ基地に収容され続けた実在の人物モハメドゥ・ウルド・スラヒの手記を映画化した作品
  • 舞台:アメリカ、キューバ―、ドイツ、モーリタニア
  • 内容:大富豪トム・ハーゲンの妻アン・エリザベスが失踪。犯人は身代金を暗号通貨で支払うことを要求。交渉は捗らず、単なる誘拐と考えにくい状況もあり、事件発生から2年経過しても事件は未解決なまま。警察やジャーナリストが事件を追う。実話ベースの作品で脚色あり
  • 舞台:ノルウェー、スウェーデン、スペイン
スポンサーリンク
わたしの旅行貯蔵庫 + 海外ドラマ + たまに日本語教育