刑事/犯罪/サスペンスドラマ&映画

スポンサーリンク

ドラマ・映画を見るだけで、私は世界を旅行した気分になれます。枠内のタイトルをクリックすると、その作品に関する投稿へ飛びます。数が増えてきましたので代表的なもののみ掲載しています。[実話ベース][小説ベース] の “刑事/犯罪/サスペンス” もご参照ください。ドキュメンタリーは「ドキュメンタリードラマ&映画」に整理しています。

  • 内容:イギリスの内務省大臣ジェームズが、補佐官を務めていた女性にレイプで告発され、裁判にかけられる。夫の不倫に傷つきながらも無実を信じる妻ソフィー。ジェームズはオックスフォード大学在学中にソフィーと交際するようになった。議員の不倫・レイプ事件と大学時代のエピソードが絡む法廷ドラマ
  • 舞台:イギリス
  • 「瞳の奥に」と「グレイス-消えゆく幸せ-」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:労働者階級のサムエル、クリスチャン、ナディアの通う公立高校の校舎が倒壊。事をうやむやにしたい建設会社によって奨学金を与えられた彼らは、富裕層や特権階級の子女の通う私立高校へ転入。そこを舞台にいくつかの殺人事件が起きる。
  • 舞台:スペイン(撮影はマドリード)
  • 内容:スランプに陥っている作家アドリアン。依頼を受けて老人アルベールの回顧録を執筆する。回顧録のためにアルベールが語ることにより、作家アドリアンのこれまでの人生の “筋書き”、彼らに関わる人たちの人生が狂い始める
  • 舞台:フランス、ベルギー、イタリア
  • 内容:アメリカ社会の人種差別の根底にある “種の優性” にこだわる白人たちの歪みを取り上げた作品。「ブラック・ミラー」シーズン1で主要な役を演じたダニエル・カルーヤが主演
  • 舞台:アメリカ
  • 内容:事情があって緊急通報指令室で働く警官は、車で連れ去られている女性からの通報を受け、聞こえるかすかな音声を頼りに関係部署と連携を取って解決を試みる
  • 舞台:ハリウッド(リメイク)版はアメリカ(カリフォルニア州)、オリジナル版はデンマーク
  • 「ゲーム」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:傲慢な投資家のニコラスは48歳の誕生日に、弟から “人生が一変するような体験ができる” というCRS社主催のゲームへの招待状をプレゼントされる
  • 舞台:アメリカ
  • 「THE GUILTY/ギルティ」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:弁護士であり刑事法教授のアナリーズ・キーティングは優秀な5人の学生(キーティング5)を選抜し、自らの弁護士事務所のインターンとする。事務所スタッフのフランク、アソシエイト弁護士ボニーとチームを結成、担当する殺人事件で無罪を勝ち取るために戦う。しかし彼ら自身も殺人事件に巻き込まれ、自分たちの無罪を手に入れようと画策・奔走することになる。
  • 舞台:アメリカ(ペンシルバニア州)
  • 内容:ニューヨークのトライベッカにある超有名イタリアンレストラン「ジジーノ」を舞台に、奇妙かつ重要な一日が繰り広げられる
  • 舞台:アメリカ(ニューヨーク州)
  • 内容:郊外住宅地で暮らす家族や夫婦が織り成すサスペンスコメディ。コメディとしてもサスペンスとしても、ひとりひとりのキャラが生き生きしていて、よくできたプロット&内容。デフォルメされているとしても、アメリカ社会とは、恋とお金と見栄をベースにできているんだなあと学べるドラマでもある
  • 舞台:アメリカ(フェアビュー市⇒架空の街)
  • 内容:ジェンは不動産エージェントの仕事をもつ、ふたりの男の子の母。ある日、交通事故で夫テッドを失う。愛する人を亡くした人たちが集まるサポートグループで知り合ったジュディは無邪気で隙があり好感が持てるタイプ。ジェンは心を許しふたりは親しくなるのだが…
  • 舞台:アメリカ(カリフォルニア州)、メキシコ
  • 内容:7年もの間、警察でコンビを組んだコール刑事(マシュー・マコノヒー)とハート刑事(ウディ・ハレルソン)が喧嘩別れの後、どちらも刑事を辞め10年後に再会。かつての事件の続きを再び捜査する
  • 舞台:アメリカ(ルイジアナ州)
  • 内容:北の田舎にあるシグルフィヨルズル警察署を舞台に、国際/政治/地域/家族にまつわる犯罪に立ち向かうアンドリたちを描く
  • 舞台:アイスランド
  • 内容:1984~85年頃、“グロンティの森”でポーランド社会主義青年組合の議長ズビグニエフ・グロホヴィヤク、22歳の娼婦リトカが喉を切られた死体で発見される。事件はすぐに解決したかにみえたが、不自然さを感じた記者たちにより、真相が暴かれていく。「泥の沼」シリーズのシーズン1にあたる
  • 舞台:ポーランド
  • 内容:1997年7月、“グロンティの森” で12歳の少年ダニエル・グウィットの遺体が発見される。ワルシャワから来たアンナ・ヤス刑事らが捜査にあたる。洪水による溺死(事故死)が疑われたが不審点があり、“グロンティの森” の堤防の人為的な破壊という仮説が生まれる。「泥の沼」シリーズのシーズン2にあたる
  • 舞台:ポーランド
  • 内容:出産後に自殺した娘をもつ巡査部長キャサリン。職務上のひょんなことから、亡き娘の子供の父親であるサイコパスを追うことになる。執念深い捜査とサイコパスの策略、どちらか勝つのか
  • 舞台:イギリス(ヨークシャーの架空の街)
  • 内容:妻に追い出され海沿いの町アベリストウィスでトレイラーハウス暮らしの男性刑事、未婚シングルマザーの女性刑事が中心となって “過去の闇” から起きた事件を解決していく。ウェールズの景観、建物、インテリアが素晴らしい。旅行した気分になれる
  • 舞台:イギリス(ウェールズ)
  • 内容:シーズン1は、不気味な殺し屋と、妻を殺すことになる保険屋を巡る話。シーズン2は、ギャングの抗争に意図せずして関わることになってしまい、自らも、あの世に何人か送り込むことになる美容師と肉屋の夫婦の話。シーズン4は1950年カンザスシティにおけるギャングの抗争を軸に当時の差別的な社会を描く
  • 舞台:アメリカ(ミネソタ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ミズーリ州 ファーゴは架空の街)
  • 内容:1944年、第二次世界大戦時ナチス・ドイツ占領下のオランダ。南部へ逃げようとしたユダヤ人歌手ラヘルは、何者かの裏切りによって家族をナチスに殺されてしまう。ラヘルは復讐のために名前をエリスと変え、レジスタンスに身を投じる。そしてナチス内部の情報を探るため、ナチス将校ムンツェの愛人となる
  • 舞台:オランダ、イスラエル
  • 内容:女子高生プレンが生後間もなく誘拐された姉フメレレを捜し出し、拉致の真相を突き止めようとする物語。南アフリカ版「エリート」みたいなところがある
  • 舞台:南アフリカ
  • 内容:自殺した女友だちニーナの復讐として、女性を蔑視し、女性を性のはけ口にする男たちを成敗していくキャシーの物語
  • 舞台:アメリカ
  • 「ビリーブ 未来への大逆転」と合わせてひとつの投稿
  • 内容:ヒッチコックの映画「サイコ」の主人公ノーマン・ベイツの少年~青年時代を描く前日譚。フレディ・ハイモアの高い演技力が見もの
  • 舞台:アメリカ(オレゴン州)
  • 内容:かつて有能な弁護士として名を馳せたビリーは今や落ちぶれて自堕落な生活を送っている。基本的にはやる気に欠けるが、もちこまれた案件に思い入れがあるときには、今なお優秀な弁護士としての手腕を発揮する
  • 舞台:アメリカ(カリフォルニア州)、メキシコ
  • 内容:“教授” たちの計画を元に、民衆から奪うのではなく、体制側である造幣局や銀行から紙幣や金塊を盗み出すことをミッションとしている強盗団を巡るドラマ。メンバーはほとんどが顔見知りでなく、作戦遂行に必要な技能をもつ者を中心に “教授” がスカウトして集めた。都市名をコードネームとしている。
  • 舞台:スペインを中心に世界各国
  • 内容:アナは夫とは別居のひとり暮らしの画家。人生最悪の出来事をきっかけに雨恐怖症になり治療を受けている。向かいの家に引っ越してきたコールマン家で父親の恋人CAが殺されるところを目撃。しかし恋人CAはシアトルへのフライト勤務中であり、殺されてなどいないと警察から伝えられる
  • 舞台:アメリカ
  • 「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」と「窓辺の女の向かいの家の女」でひとつの投稿
  • 内容:頭部に損傷を受けて以来、新しい記憶を数分以上保つことができない前向性健忘症になったレナード。前向性健忘症になる以前のことは覚えていて、妻を殺したジョン・Gを探し出して復讐しようと考えている。保持できない記憶と自分が残したらしい記録に翻弄され、レナードは妻を殺した男を今日も探し続ける
  • 舞台:アメリカ
  • 「メメント」と「シャッターアイランド」でひとつの投稿
  • 内容:主人公のナレーションにブラックユーモアが効いているので吹き替えで観るのがオススメ。本の好きなジョーは、その生育歴もあって独特の愛情関係に執着をもち、ストーキングなどのいろんな事件を起こしていく
  • 舞台:アメリカ(ニューヨーク州、カリフォルニア州)
  • 内容:イギリスの警察内部における警察関係者による逸脱行為を捜査する部署AC-12のお話。シーズンが進むにつれ、汚職警官達を陰から操る黒幕は誰なのかというところに関心が収束していく
  • 舞台:イギリス
  • 内容:結婚式のために、故郷の村へ帰ってきたマニュとそのフィアンセのアデル、祝福するために集まった幼馴染たち。落石により橋が落ち、村の外部と遮断された環境で、ひとり、またひとりと死んでいく。豊かな自然、建物・インテリア、登場人物の服装、道具類、ツリーハウス。どれも配色やバランスが見事。細かなところがフランスっぽい
  • 舞台:フランス(バルモリン村⇒実在かどうかは不明)
スポンサーリンク
わたしの旅行貯蔵庫 + 海外ドラマ + たまに日本語教育
タイトルとURLをコピーしました